戦後70年の中で最悪な安倍政権があって、政府が恐れる無関心層の心に怒りの火を点けた。

戦後、日本をいいも悪いも動かしてきたのは、自民党である。日本の高度成長の時代を担ったのも自民党である。安倍首相の爺さんの岸首相が、安保条約を決めた1960年の頃は、さすがに小さくてテレビで見ていただけであった。政治に関心を持ったのは70年代の大学立法であった。この時期、大学紛争で、始めに東大が封鎖された。このとき、軒並み各地の大学に飛び火して、ほとんどすべての大学が大学紛争に巻き込まれた。

と言うと私の年がわかってしまうが、大学が封鎖され約10か月授業がなかった。やることもないから、ノンポリに毛が生えた程度であったが、封鎖された大学内に入り、所謂過激派学生と討論をやった。議論した学生は本当に社会の矛盾、政府の政策に怒っていて、それなり理解は出来た。ただ、それが、エスカレートし、関心が政府から反れて、組織維持のために人殺しまで発展した。それにより、学生運動=悪というイメージが染みついてしまった。

今考えると、人殺しを行い、大学封鎖までやった運動は何だったろうと思う。今、安倍政権の行っている政策と較べれば、70年大学紛争なんて、途轍もなく些細なことだった。60年安保も、今回の安保法制の強行採決から比べれば、小さく見えてくる。ここまで読んで、誤解してはいないだろうが、安倍政権、自公が行ったことは、戦後政治の政策の中で、史上最悪と言う意味である。

なぜ最悪な安倍政治というと、これから自衛隊員が確実に死ぬ可能性大きくなったからだ。また、自衛隊員が他国の国民を銃、武器で殺すことになるからだ。また、日本、国外で必ずいつかはテロの被害で殺されることが起きるからだ。これは断言してもいい。いままで憲法9条があったから、幾多の危険も知恵で回避してきたのだ。

くしくも、60年安保、70年大学紛争とは趣は違うが、SEALsに代表される若者が国会前に、非暴力で自然発生的にデモで声を上げたことは、何か運命的な出来事と感じる。

それと同時発生的に、子供を持つ若い世代、ミドル世代が政府の理不尽さに怒り、声を上げだしたことも、第三の世代闘争に発展したのではないかと思う。

今まで自公が主役であったが、民主の福山議員の安保法制の反対趣旨説明を聞いていると、それを聞いている自公議員らが恥じ入ると思うぐらい心が入った演説であった。山本太郎の喪服、数珠の抗議も与党はパフォーマスというが、これもこころから発した行為で人の心を打つ。若い世代が頑張っている。

SEALsの奥田氏の発言も心を打つ。また国会前に赤ちゃんを抱いたお母さんの必死なコールも心を打つ。今回の安倍政権の暴挙はあまりに酷い話で、無党派層の心に怒りの火を点けたのだ。

これから、明らかに若い次世代が、自分達の生活を守るために動き出したと予感がする。もう、安倍首相のような古臭い世代の言いなりになんかならないと動き出した。

新しい世代が政治を動かしてくれると信じる。そうしないと、将来必ず自分達の身に降りかかってくるのだ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2015年09月20日 22:45
まず、このアンポンタン法案の「実害」部分を考察したい。
---
1)自衛隊が「米艦防護?」や「後方支援」や「補給」や「PKO」に出かけていって、殺し、殺される。その中には相手国の国民(非戦闘員)も含む。
2)我らがニッポン国民、特に海外駐在員および家族がテロの危険にさらされる。
3)我らがニッポン国のエアーラインがテロの危険にさらされる
4)フィリピンのマルコス政権、インドネシアのスハルト政権、チェコスロバキアのチャウシェスク政権などと独裁政権/軍事政権として同一視される
5)輸送は「民間」のロジスティクス(航空機、艦船、陸上輸送)を下請に使うので、「民間人」も攻撃対象になる
---
自衛隊や民間人を危険にさらす?(怒)
国益を損なう?(トホホ)
国民の幸福追求の権利を根底から覆す?(怒ホホ)
急迫不正の危機が迫る?(怒怒怒)
---
てなところか?(絶句)
2015年09月20日 23:14
かっちさん、ジャイロさん、読者の皆さん。
***反対行動の成果があった!***
---
今、野党各党や反対行動を主催したグループもこれらの「総括」をして今後の作戦を練っていることかと思う。
---
まず前提として、以下のようになるだろうか?
・アホ政権(誤変換)が恐れていたのは大学生のSEALs、高校生のT-ns SOWLとか?
・来年の参議院選挙では大学生が全員選挙権を持ち、政治の話題がキャンパスであふれる
・政治学科などではさらに授業が盛り上がる
・高校3年生も一部有権者となる
・それら先輩の行動を後輩たちが見守る
・これらが連鎖的反応になる
---
それが作用し、
・アホ政権(誤変換)の「強行採決」を加速させた
・アンポンタン特別委員会(誤変換?)再開前、委員長が復席してからの「開会宣言」が抜けている
・速記録では「議場騒然」「聴取不能」となっていて「採決」が抜けている
---
つまり、「反対行動」の皆さんの努力と野党の抵抗が相互作用し、
・恐れたアホ政権(誤変換)が、慌てて公聴会の後の採決を指示
・取り乱した委員長が致命的な「ドジ」を踏んだ!
---
「手続不備」でこのアンポンタン法(毎度の誤変換)
は「無効」との訴訟を起せば提案者の政府は勝ち目がないのでは???
---
あとは、裁判官が買収されないようにすることか?
(トホホ)

この記事へのトラックバック