政府が基地移転をごり押しするほど、翁長知事の闘志に火を点けている

今日(9日)、中谷防衛相と翁長知事が会談した。テレビでその模様を見ていたら、中谷氏が、辺野古基地移転こそが、普天間基地の危険、日米同盟による日本の安全、抑止力の唯一の解決と確信していると述べ、これ以外に解は全くないと述べていた。この言い方が、以下の東京新聞のタイトルにあるように、「高飛車」そのものであった。これは、とても沖縄知事にお願いをするような言葉使いではない。下々の民は、お上の言う通りにすべしという感じである。夏には、埋め立て工事を行いたいとしている。

これに対して、翁長知事は辺野古に基地を建設するのは不可能であり、私ども県として絶対に反対していくと述べた。沖縄が中東の軍事戦略基地にまで役割を担なわされており、このような状態がいつまで続くのか?と聞いていた。沖縄県民が望んでいないものを強制することは、大きな禍根を残す。その都度、行政が出来る手段を打っていく。その結果、途中で工事がとん挫すれば、政府の責任と述べた。このフレーズは毎回述べている。

翁長知事は、県行政として、その都度出来る限りの対抗措置を講じると述べている。この言葉は単なる脅しではない。工事の中止は全て、政府の責任と言っていることも不気味である。オバマ大統領の前で大見得を切った安倍政権の命取りになるかもしれない。


沖縄知事「防衛相は高飛車」 辺野古移設中止を要求

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015050901001029.html

2015年5月9日

 中谷元・防衛相と沖縄県の翁長雄志知事は9日午前、県庁で会談した。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題に関する中谷氏のこれまでの言動に関し「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と批判。移設自体に関し「名護市辺野古への基地建設は不可能だ。絶対に反対していく」と述べ、中止するよう要求した。

 一方、中谷氏は、名護市辺野古移設に関し「唯一の解決策と確信している」と述べ、移設推進に理解を求めた。昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、両氏が会談するのは初めて。

(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年05月10日 23:11
まあ、背後に「利権」があるか「民意」があるか?・・・「政治屋」と「政治家」の違いなのか?

この記事へのトラックバック