政府があてにならないので、翁長沖縄知事自ら米国と外交。

政府からこれほど無視されている翁長知事は、政府があてに出来ないので、自ら米国とあらゆるルートを使って外交をおこなっている。ハワイのイゲ州知事が沖縄県の出身ということで、沖縄の海兵隊の移転について話し合う。イゲ州知事を通して、翁長氏の訪米の際に米政府議員との会談を調整してもらうということだ。本来は日本政府が米国に働き掛けなければならないが、翁長知事自らが外交を展開している。

副知事ハワイ訪問へ 知事会談前に調整2015年4月20日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242016-storytopic-3.html
 安慶田光男副知事は22~25日の日程でハワイを訪問し、同州のデービッド・イゲ知事らと面談する。翁長雄志知事が5月下旬の米ワシントン訪問前後にハワイを訪れることを計画しており、その事前調整に臨む。県基地対策課の職員が同行し在沖米海兵隊の再編事業についても意見を交わす。
 現行の米軍再編計画によると、ハワイには在沖米海兵隊約2万人のうち、2700人が移転する。県関係者によると、県はこの計画に関してもハワイ州と意見交換する


知事を応援する県議会も、側面支援を行っている。政府が沖縄本島のほか、香川県や山口県、北九州市、長崎県、熊本県、鹿児島県から、辺野古基地埋め立てのための土砂を搬入しようとしているが、県議会の社民、共産がそれを規制する条例案を提出する。「沖縄独自の環境を保護する観点から、外来種生物が混入する可能性のある土砂の持ち込みを知事が厳しくチェックする仕組みをつくる。」という。確かに、本土から遠く、且つ海で隔絶されている沖縄には、外来種の混入が懸念される。

仲井間前知事時代の雰囲気とガラリと変わってきた。やはり、首長が変われば政治が変わる。

沖縄県議会 辺野古阻止へ、土砂搬入規制
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015042602000131.html?ref=rank

 沖縄県議会の社民、共産両党などは二十五日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設の阻止に向け、辺野古沿岸部の埋め立てに使う土砂の県外からの搬入を規制する条例案を、六月議会に議員提案で提出する方向で調整に入った。複数の県議が明らかにした。政府が予定する夏ごろの埋め立て開始に条例成立が間に合うよう、策定作業を急ぐ。

 辺野古移設を「あらゆる手法を駆使して阻止する」と公言している翁長雄志(おながたけし)知事を側面支援する狙いがある。昨年十一月の知事選で翁長氏を推した社民、共産両党や沖縄の地域政党「沖縄社会大衆党」など計五会派が策定に関わる。

 条例案では、沖縄独自の環境を保護する観点から、外来種生物が混入する可能性のある土砂の持ち込みを知事が厳しくチェックする仕組みをつくる。

  政府は沖縄本島のほか香川県や山口県、北九州市、長崎県、熊本県、鹿児島県から計二千六十二万立方メートルの岩石や土砂を買い取り、埋め立てに使う予定だ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年04月28日 00:39
かっちさんが鋭く解説してくれた!
---
だが、真相?深層?は?・・・
1)海兵隊の航空基地として沖縄はどうなのか?
> 沖縄(那覇)~北京(約1,843Km)
> ソウル(仁川)~北京(約955Km)
つまり、北京を目指すならソウルの方が「よっぽど近い」ということだ!(怒)
---
2)埋め立てでなくて、地上の基地を提供/分散できないのか?
> フィリピン
> グアム/テニアン
> その他アジアの地区
---
3)何故、隣国の軍備増大などを煽って、よその国の兵器を輸入しなければならないのか?(怒)
「振り込め詐欺」より酷いのでは?(怒)
---
4)マラッカ海峡を通過して兵を送りたいとしても、もっと南の基地が考えられるのでは?(怒)
2015年04月29日 22:42
琉球新報(オンライン版)
---
見出し:ワシントンに県事務所 3人体制、米政権中心に近い場所
2015年4月29日
---
URL:http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242381-storytopic-3.html
より
---
蛇足:「ワシントンD.C.」と書いてくれるともっといいのだが・・・
「琉球国」が独立したら?「大使館」を設置すべし!

この記事へのトラックバック