翁長知事の辺野古基地建設停止の喧嘩に、親が乗り出してくるようなものである。

翁長知事が孤軍奮闘している。本来、自民党に対抗するはずの民主党の岡田代表は、普天間基地から辺野古新基地移転は仕方がないと、代表選挙のときはっきり言っている。長妻氏は、もう一度米国と話合った方がいいと言っていたが。自民党は、もう怖いものなしに、翁長知事が何と言おうと、辺野古への基地移転を強行せよという。翁長氏が知事になったときは、仲井間知事のように、いつの間にか政府の言いなりなるのではないかと疑っていたが、今のところ、選挙公約に従い必死に立ち向かっている。

生活と山本太郎となかまたちの山本太郎氏は、「日本は法治国家だというお話しですけれども、翁長知事は法令に基づいた岩礁破砕の取消しを求めているわけです。(政府は)「意味が分かっているのか」という話しです。先ほど言われたとおり日本は民主主義であるわけだから、直近の選挙でも、その前の選挙でも沖縄の民意は、もうはっきりしている。

 辺野古に基地はいらないということは、もう決まったのだと。それをドヤ顔で民主主義国家だと言う人たちの気が知れない。まさに今やろうとしていることは、政府の皮をかぶった「強盗」に近い無法者のような集団だなという印象を受けます。こんなことが続くならば、止めるなら今だろうと思います。」


山本太郎氏は、「強盗」と表現している。翁長知事の辺野古停止指示に対して、沖縄防衛局が農水省大臣に指示停止の不服申し立てをした。何か変だと思っていたが、地元紙の琉球新報の記事を見て納得した。変だと思ったのは、政府の出先機関である防衛局が政府の所轄大臣に不服を申し出たことである。記事を読むと、本来不服申し立ては、政府の行いに対して、それと利害の反する国民側が申し立てる制度であるので、申し立て自体が成り立たないと反論を出したという。これで、疑問がすっきりした。

言ってみれば、喧嘩している子供が親に言いつけて、喧嘩相手を何とかしてくれと頼んでいるようなものである。子供の喧嘩に権力を持った親が乗り出してくるのは、正に卑怯な行いというものだ。

国の申し立てに反論 辺野古停止指示で県が意見書
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241019-storytopic-271.html

 県は27日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画をめぐり、翁長雄志知事による海底作業の停止指示に対して沖縄防衛局が農林水産省に不服を申し立てた問題で、指示効力停止を求めた防衛省側の申立書に対する意見書を農水省へ提出した。翁長知事は同日夕、県庁で記者会見し「(防衛省の)申し立て自体が成立せず、それを認めて執行停止に至ることは認められない」と反論した。
 県は同日午後、水産庁に意見書をファクスで送信し、原本を郵送した。県は意見書の中で防衛省の不服申し立てについて「この申立制度は、国民に広く行政庁に対する不服申し立ての道を開くことを目的としている。国自体が不服申し立てを行うことが予定されていない」などと指摘し、執行停止の申し立ては成立しないと訴えた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック