自民党が経営者に媚び、日本の労働条件を単なる道具か品物にさせようとしている。

第一次安倍内閣の時は、自民党のエース級のメンバーが大臣をやっていたせいか、野党が責めることも出来ず、安倍氏としては安心していたと思われる。それが、第二次内閣になってから、議員の質が随分と落ちてきた。政治資金問題、選挙法問題、SM問題など、やはり自民党は何も変わっていない。

この中で、塩崎厚労相は、将来この国の行末を決める極めて危険な政策を行っている。一つは、国民が老後の生活のためコツコツと納めていた年金資金を株式に投資する額を、2倍の25%にすることが厚労大臣名で決まった。途轍もない額である。投資するのは独立法人であるが、実際にお金を委託され運用するのは株式会社である。株式に投資する最も大きなリスクは、リーマンショックようなことが起こると、株価はあっという間に数分の一になってしまうことである。数十兆円が十兆円になってしまう。しかも、例え数分の一になろうが、誰も責任を取らない。

責任の無いところに健全な話は無い。この株式投資に積極であったのが塩崎大臣である。株式は必ず波がある。つまり必ず損することがあるということだ。この男は歴史に名を残す。

もう一つ、この男の悪政が、日本の派遣労働者の立場を、一生固定化する法案である。現行で最長三年とされている派遣労働者の受け入れ期間の制限を、事実上撤廃する法案を通す気である。

その、労働界で最も重要で、日本の労働体系を決める法案について、全く内容を理解せず答弁していたというのだ。それに怒って、普段は退席などしない共産党まで退席したというから余程である。今回の派遣法が通れば、一度派遣社員になったら、一生派遣社員から戻れない可能性が大きくなる。同じ仕事をしても賃金は違う。安売りの道具、品物としか見なされない。

これに対して、生活の党・維新の党・民主党・みんなの党の野党4党は共同で、「同一労働・同一賃金推進法案(労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案)」を衆議院へ提出した。これが労働者のあるべき姿である。 これをやらなければ、少子化問題の解決にならない。なぜなら、労働者の半分が派遣なら、子供を望んでも現実は無塚しいからだ。



厚労相 派遣法答弁で陳謝 衆院委 野党が反発審議退席
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014110802000112.html

 労働者派遣法改正案をめぐり、衆院厚生労働委員会は七日、民主党など野党五党が塩崎恭久厚労相の答弁や渡辺博道委員長(自民)の委員会運営などに反発し、審議冒頭で退席した。

 改正案は、現行で最長三年とされている派遣労働者の受け入れ期間の制限を事実上撤廃する内容。派遣労働者を受け入れる会社は三年ごとに労働組合の意見を聞けば、派遣労働者を入れ替えながら派遣の受け入れを続けられる。

 この改正内容に関し、塩崎氏は五日の委員会で「(派遣の受け入れ継続に)労働組合が反対一色でも、会社側が無視した時は労働局が指導する」と答弁。組合側が反対すれば、受け入れが制限されるように受け取れる説明を繰り返した。

 七日の委員会に先立つ理事会で、民主党は「法案の趣旨が百八十度変わっている」と指摘し、塩崎氏が答弁の誤りを認めるように要求。同時に質疑入り前に公明党が改正案を修正する意向を示したことや、渡辺氏が職権でこの日の審議を決めたことを批判した。

 維新、次世代、みんな、共産の野党四党も「重要な法案だから通すという対応は強権的」などと同調した。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック