原発事故が起こったとき、全く信頼のない国に責任を求める市長、知事。住民は覚悟した方がいい。

川内原発は、再稼働でこれほど話題になり、宮沢大臣自身も視察を行ったが、「川内」を「かわうち」と読み間違えたということである。

川内原発を「かわうち」と間違え…宮沢経産相の無知・無責任
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154754

「担当大臣に全く(原発への)関心も知識もなかったことが明らかになった」(民主党・川端国対委員長)──。SM大臣こと、宮沢洋一経産相(64)が野党に追及の火ダネをまた与えた。

 3日の九電・川内原発視察で職員らに訓示した際、「かわうち原発、大変厳しい原子力規制委員会の新規制基準に適合した」と発言。正しくは「せんだい」原発を「かわうち」と思いっきり言い間違えた。この際のニュース映像は動画投稿サイトに流れている。




自民党の俄か2番手大臣は、この程度の実力である。というか、この程度の政治家が、日本の将来をダメにすると思うと何とも情けない。

情けないといえば、鹿児島県議会の議員達もこの程度である。国の将来をどう思っているのだろうか?鹿児島は、事故が起こっても大丈夫と高を括っているらしい。それとも、金さえ入ればいいと思っているのであろう。

それにも増して、情けないのは、伊藤祐一郎鹿児島県知事である。この知事は、「川内原発の再稼働についてはやむを得ない」と述べた。「やむを得ない」とはどういうことか?この知事、何か事故があれば国が責任を取ってくれると言っているから、自分は決心したと述べている。この男は、本当に鹿児島県民を守る知事か?と言いたい。事故を起こして、国の世話になることを前提とすること自体がおかしいのだ。

新潟県の泉田知事は、そもそも事故が起こる可能性を問題にしている。伊藤知事の場合は、もし事故が起きた場合、自分が決定した責任は回避する言いぐさである。福島県の場合も、原発を認めた知事のとき事故が起こった。

川内原発の場合も、市長、知事ともどうしようもない男である。川内地域の住民は、正直言って覚悟した方がいい。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2014年11月07日 23:18
「かわうち」でも「カワウソ」でもいいが?この御仁が適任でないことはハッキリしたようだ・・・トホホ
2014年11月09日 00:56
「九電は伊藤知事のパーティー券を購入」
2014年11月8日・日刊ゲンダイ・オンライン版見出しより
---
「再稼働はやむを得ない」と逝っている痴痔とズブズブの関係だという・・・
国も、県も、市も・・・国民の味方はいないのか?
(誤変換&怒)

この記事へのトラックバック