生活の党の重点政策発表。進むべき道の正解は自ずとわかる。

今日、生活の党の重点政策が発表された。

標語は『生活者本位の国へ』としている。以下の記者会見で、「国民の生活が第一」と違うものかという質問があったが、基本は同じで言い方の視点を変えたとのことである。

●非正規雇用の是正と少子化対策で活力ある社会へシフト

これについては、安倍政権は、半数が非正規社員である現在の比率をさらに上げるとしている。これでは将来が見えない。不安定の最たるものである。世界に冠たる国民皆保険も、先端医療は自由診療になり、保険負担も引き上げられる。規制緩和で、セーフテイネットが壊されていると述べた。

●消費増税凍結と内需拡大で景気を良くし、国民生活向上へシフト

生活の党が民主党から離党した理由は、霞が関のムダを削らずに消費税増税をすることに反対したためだったが、それが正しいことが証明された。増税の前に、円安を是正し内需を拡大する政策を推進する。今の安倍政権のやり方は、弱肉強食の初期の資本主義に逆戻りしている。

●脱原発。新エネルギー政策へ転換し自然エネルギー立国へシフト

現在、原発が1基も動いていない中、電力は足りている。国民の生活が第一の時から一貫して脱原発は変わっていない。水素を含む再生エネルギーにシフトする。

今回、2次公認候補者が発表され、計20名となった。しかし、千葉県第2区;黒田雄氏、神奈川県第1区: 岡本英子氏の公認が取り消された。この理由は、維新の党との調整が最後までうまくゆかず、小沢氏自身が当初から野党共闘をすべきと言っていた手前、生活側が折れたという話であった。

このブログでは非正規社員の問題をよく取り上げているが、生活も真っ先に非正規雇用の是正を挙げてくれた。

なぜ、これが重要かというと、日本の将来を担う若者たちが、仕事がなく非正規雇用では、いくら少子化を改善しようとしても無理で、内需を押し上げる消費も増えない。それが増えないと税収も増えない。さらに健康保険料、年金保険料も払えない。これこそが、今の日本が陥っている諸悪の根源だからである。これでは、将来に対して夢も希望も持てない。

根本の原因を直さずに増税、財政出動しても、大企業、富裕層だけが富み、中層から下流の層の庶民の暮らしは良くならない。これは、各党の重点政策を見ていけば、自ずと正解は明らかになる。








日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年11月27日 20:10
生活頑張れ!
---
「もはや狂乱政治家には一刻も早く引退してもらった方がいい。」狂の日刊ゲンダイ(オンライン版)の結び?の言。(誤変換&トホホ)

この記事へのトラックバック

  • 原発廃止こそ最良の選択、施設の寿命や運転延長の検討は国民への背信だ

    Excerpt:  原発廃止こそ最良の選択、施設の寿命や運転延長の検討は国民への背信だ。何故なら原発の燃料から出る放射性廃棄物とはプルトニュウムであり原発の原料だから原発は人類の生存を脅かす、つまり最良の選択は原発廃止.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2014-11-27 11:49