国民を縛る秘密保護法は、「内閣法制局」ですら必要性が薄いと思っている悪法

安倍首相が初めて首相になったとき、「美しい日本」と、まるで抽象的な言葉で、自分の行いたい政治を表現した。それが経済的にも政治的にも上手くゆかず、精神的な下痢で自ら退陣してまった。それが民主党政権の失策で満を持して再び首相になり、歴代の首相もやらなかった、憲法違反の集団的自衛権容認、秘密保護法と立て続けに突出した政治を行っている。この突出した政治をやるためには、何らかの言論統制が必要と考えたのであろう。

その国民を縛る法として、「秘密保護法」を出した。この法案は、官僚が主導して作ったものであると思っていたが、実は「内閣法制局」は「必要性は薄い」という見解であったことが明らかになった。今回の集団的自衛権についても、「内閣法制局」は、安倍首相が送り込んだ小松氏が長官になるまで「違憲」であると考えていた。

「内閣法制局」ですら、「違憲」や「必要性は薄い」と考えていた「集団的自衛権」、「秘密保護法」を強引に押し込んだのは、安倍首相であることは間違いない。日本の政治史の中で、「悪政」を行った首相として名を残すだろう。社会保障の改革などは夢のまた夢となっている。ただ、国民にとっては悪政でも、当の本人は「善政」をやっていると思っていることが、国民の不幸である。

国民も、このままでは危ないと思い始めて来ていると信じたいものだ。次回総選挙には、少なくとも与党の絶対多数は崩す必要がある。


秘密保護法:「必要性弱い」 11年、内閣法制局が指摘

http://mainichi.jp/select/news/20140817k0000m040125000c.html

毎日新聞 2014年08月17日 08時00分(最終更新 08月17日 08時48分)
 2011年9月に初めて作られた特定秘密保護法の原案に関する政府内の協議で、「法の必要性(立法事実)が弱い」と内閣法制局に指摘されていたことが分かった。情報漏えい事件が少ないことなどが理由だった。特定秘密保護法には法律家から「立法事実がない」と批判があるが、政府内にも同様の異論があったことになる。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 57

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年08月18日 00:20
「阿呆らしいニッポン」の提唱者には付き合いきれぬ(怒)
勘量、罪会(誤変換)におだてられているのか?(トホホ)
---
アホノミクス粉砕!
「ラミパス・ラミパス・ルルルルル」> 秘密保護解除!(怒)
2014年08月18日 02:28
非常に危険な状況に進んでいる!
秘密保護法 これは安倍自民党政権の反対派を取り締まるものである 警察公安部の監視下に置いて 身動き出来なくする法案である ナチスドイツ ヒトラー政権と同じである 国民主権から国家主権にして 統制国家体制にする法案である 個人の自由は無くなり 言論統制が行われストや街宣活動の取り締まりも行われる 非常に危険な法案である 自民党や保守派の政党以外 解体するつもりである 息苦しい不自由な時代がやって来る 来年の地方選挙からの巻き返しに リベラル勢力は奮起しなければならない そして世論誘導の元凶 マスコミ大本営発表を止めさせなければならない

この記事へのトラックバック