政府閣議が違憲を先導する集団的自衛権。これを阻止するには真に見識のある野党を増やすしかない。

今日、安倍首相が公明党の合意を受けて、集団的自衛権の容認を国民に説明するということで、記者会見を行った。どのテレビ局も安倍首相の会見を放映していた。奇妙なことは、安倍首相が強調したい点が囲み文で出て来ることだ。さらに驚くことに、そのテロップの色、形がほとんど同じということだ。これは何を意味するかというと、予めTV局に会見内容が伝えられ、その囲み表示の文の内容まで政府が指定しているのだろう。空恐ろしくなるような力の入れようである。

この会見を暫く我慢して見ていたら、憲法9条の範囲をきちっと遵守して、戦争に自衛隊を派遣することなどしないと明言する。それがテロップで流れる。日本国が平和に行動しようとしても、共に行動する国の仲間と見なされて攻撃され、相手を殺す、殺される事態が必ず生じ、結局否が応でも戦争(闘い)が始まる。国民はそれを心配しているのだ。

安倍首相は例によって、日本人を乗せている米国艦船を護衛出来るようになると、調子のよい話をしていたが、以下の孫崎氏の動画を見れば、そんな事例が起こることは有り得ないと米国自身が述べているという。この動画は、生活の森ゆうこ氏のYFM経済研究会研修会で撮られたものであるが、集団的自衛権を含む安倍政権の問題を的確に評論している。

孫崎氏に言わせれば、歴代首相の中で、これだけ公約と逆の事を行っている首相はいないと断じている。安倍氏は、政権を取ったら消費税の増税分は社会保障費に使うと言ったが、全く何もやっていない。原発も然り、TPPも約200人ほどの議員は反対と叫んで当選している。

しかも、普通の人間なら少しはやましい顔をするが、安倍氏にはそんなことが微塵も感じられないと批判している。




YFM経済研究会研修会 孫崎 享講師動画(安倍政権について)



維新、みんな、ゆい、民主は、まるで野党の役目をしていないが、国会に森ゆうこ氏のような議員がたくさん戻ってくるようにしないと、この国は日本のヒットラーによってトンデモないところに連れて行かれることになる。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年07月01日 21:37
もりゆうこさん、みやけゆきこさん、頑張れ!
---
毒裁者:あべのどるふ・ひっとらえろ
の退陣を希望します。
(一部オヤジギャグ&誤変換)
2014年07月03日 00:03
自衛隊が出動して「守る/衛る/護る」のは我らがニッポン国の「国としての独立性」であり、
「国民の身体・生命・財産」を守るのは警察や消防、海上保安庁ではないのか?
---
自衛隊が国民の「生命」を守るのは、
「災害救助」を要請した場合のみではないのか?
---
事例のすりかえに気がつかねばならぬ・・・トホホ

この記事へのトラックバック