日本は今大きな分水嶺にあり、このままで将来に大きな禍根を残す。

ごたごたしていた維新が分裂した。結の党が、石原共同代表がいる維新とは合流しないと言っていたからだ。石原氏が主張する自主憲法について、結の党は承諾しないと言っているが、それだけではないと考えている。維新の中でも、旧太陽の党と元祖大阪維新の間で相入れないからであろう。今後、誰が石原氏グループに付いていくか見ものである。維新の橋下氏も内心はほっとしたのだろう。維新とみんなは、集団的自衛権を容認している。これほど豹変した党はない。民主党に票を入れていた有権者が維新に随分流れたと思うが、分党した石原氏が居る党には誰も投票しないだろう。

今日から集団的自衛権等について、衆議院予算会議が開かれた。後半から聞くことが出来たが、これほど無理筋のやり方をする安倍首相だから、どこかの党は安倍首相を追い詰めることが出来ると思っていたが、安倍氏を立往生させた党はない。出鱈目な安倍氏を論破できるような党がいないということは、これまた情けない。

この中でも一番安倍首相に食い込んでいたのは、共産党の志位委員長であった。志位氏は集団的であれ個別的であれ、憲法解釈で9条を反故にした場合、自衛隊員が紛争に関与して血を流すことが起こる可能性が極めて高いが、それを安倍首相は容認するのか、しないのかと迫った。これには安倍首相も困った顔をしていたが、はぐらかした答弁でかわしてしまった。しかし、はぐらかしの答弁で首相が何を言ったか覚えがない。はぐらかす能力が、首相の資質の大きな一つであると言えるが、相手に言質を与えない答弁は空しい。

明日の参議院では、同じテーマで集中審議があり、政府はそれで集団的自衛権の話は終わりにするつもりである。後は、公明党さえ納得させれば、閣議決定に持ち込む。これで閣議決定をすれば、憲法改正投票をやらずして憲法9条を無効化し、首相の一存で、有事に関与出来る国になってしまう。その行き着く先には自衛隊員の死が必ず訪れ、それに伴い、平等責任の名の下に「徴兵制度」が復活するだろう。

今、日本は将来に向かって大きな分水嶺に差し掛かっている。正に日本の国民の見識が掛っている。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年05月28日 22:53
この「醜弾敵痔営犬」(全部誤変換)の問題でも、真っ向から質疑で火花をちらせるのは共産党と社民党くらいなものか?(ほとほととほほ)
---
「徴兵制」も「兵役」もなく、若者が勉学や仕事に集中できたからこそ戦後の経済成長があったのではないか?(怒)
---
若者が今でさえ「正社員」になれるかどうか?で、たたかっているのに・・・兵役や徴兵制があったらどうなるのか?
---
それこそ我らがニッポン国は沈没だ!(怒)
(韓国船の犠牲者のご冥福をお祈りします)
---
本当の「敵」はどこにいるのか?
たたかう相手が違うぞ!
本当に、認識が狂っている。(とほほのほ)
2014年05月29日 23:03
かっちさん、読者の皆さん。
---
衆議院:http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43975&media_type=fp
参議院:http://www.webtv.sangiin.go.jp/silverlight/index.php?sin=2612&mode=LIBRARY&un=e3a72437719074a2ccc764d49cacee2b
---
「集団的自衛権」の議題で、「生活の党」の質問者の追求が弱過ぎるのでは?
と思う。
質疑時間も少ないので「一問一答」で進めなければ
尻尾は掴めないぞっと。
---
技術的問題あり・・・(がっかり)
再度、作戦を練る必要あり・・・(頼むぞ)
2014年05月29日 23:32
もひさん、いつもコメントありがとうございます。確かにもひさんが言うように、生活の質問は、時間のせいだけでなく、今いちの出来でした。参議院で森ゆうこ氏がいたら、首相に食い込んでいたはずですが、残念至極。次期には復帰してもらいたいと思っています。
2014年05月30日 20:30
おお、かっちさんのコメントに多謝。
---
過去には「総理!総理!」と絶叫した女性議員もいたが・・・
今日日首相に鋭くツッコミを入れられるのは、社民党の福島みずほ議員と、生活の党の森ゆうこ前議員くらいだろうか?
---
森ゆうこさんの復活を祈るぞ!

この記事へのトラックバック