安倍内閣支持率、過去最低。野党全体より公明党が政府に影響があること自体、日本の悲劇。

ANNの世論調査で、安倍内閣の支持率が12ポイント下げ、45.7%となり、過去最低となったと出された。この設問で、自民党が憲法解釈の見直しをするなら、公明党は連立を離脱すべきが47%あったと書かれている。公明党の与党からの離脱を聞いている設問自体が、新鮮である。約過半数の国民がそう望んでいることの裏返しは、自民の横暴を抑えることが出来るのは公明党しかいないと思っている証拠である。今の野党が、如何に自民に対抗出来ていないかを示している。

安倍内閣の支持率、12ポイント下落 ANN世論調査
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000027590.html

安倍内閣の支持率が先月より約12ポイント下落して、45.7%と、おととし12月の就任以来、最低を記録したことがANNの世論調査で明らかになりました。

 調査は24日と25日に行われました。安倍内閣の支持率は、先月の前回調査と比べて12.3ポイント下落し、45.7%となりました。内閣支持率は、これまで最低だった去年7月の46.4%を下回り、おととし12月の就任以来、最低です。また、安倍総理大臣が集団的自衛権の行使を限定的に容認するため、憲法解釈の見直しを進めていることについて、「支持する」とした人が34%、「支持しない」と答えた人が44%でした。さらに、「自民党が憲法解釈の見直しをあくまで求めた場合、公明党は連立を離脱し、野党として対決すべきだ」と答えた人が47%に上りました



結いの党と維新が、未だに石原氏の影響で、一緒になるかならないかゴタゴタしている。そういう意味で、野党再編の切り札は、公明党の連立解消が最も大きな影響力を持っていると言っても過言ではない。

しかし、こう書いても、公明党が与党の美味しい汁を手放すとは思われない。学会に対してのポーズに過ぎないと考えている。宗教を背景とする勢力は、時の与党(政権)と組することがもっとも安泰であることが、長い歴史の常であるからだ。

中国の戦闘機の異常接近について怒っているが、中国は安倍政権が態度を硬化すればする程、圧力を強めてくる気である。それで何か不測のことが起きることを、待っているように感じている。所謂、北風には北風である。安倍政権が変わるまで、このような緊張が増大していくと考えている。こと中国、韓国に対しては、現在外交力は全く機能していない。安倍政府も、口では中国を非難しているが、集団的自衛権を国民に認めさせるには、何か中国と事があった方がいいぐらいに思っているかもしれない。それが安倍政府の思う壺かもしれない。政権の支持率を高めるためには、そうするのが良いというのは、古今東西の歴史が物語っている。

そのことに、国民はそろそろ気づき始めたと思いたいが、原発の再稼働を簡単に言い出せる国である。日本を本当の「暮らしやすい国」にするには、健全野党の台頭が無い限り無理である。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年05月27日 12:14
カネと票で縛る「余」の党であっても、悪いものは悪いと言えないようでは・・・
---
隣国を一党独裁だとか、独裁者だとか非難できないのでは?(トホホ)トップの言うことに全て「はい、そうですか」では、どんな組織も滅びるはずだが・・・(怒)

この記事へのトラックバック