脱原発を唱えると、小沢氏の時の様に総攻撃されるだろうが、それに負けず結集すべきである。

今、日本の政治史の中で、国政に影響を与えるだろう地方選挙が2つ行われる。沖縄の名護市長選挙と東京都知事選挙である。この中で、それぞれの陣営に、与党とその応援団が強烈な攻勢を掛けている。

自民党の石破幹事長は「名護が発展することで沖縄も飛躍的に発展を遂げる。安倍政権として全面的に支援し、国、県、市が協力して新たに五百億円の名護振興基金をつくる」と強調した。これは、自民党候補を当選させたなら、500億円のお金をくれてやるということだ。まだ国会での承認もないのに、俺を当選させれば〇〇円のお金をあげると公然と言っている。今の自民党なら、国会に承認を受けなくとも、自分達が思うように自動的に決められると思っている。

このことを、IWJの岩上氏が以下のようにツイートしている。

岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
これが最大の選挙違反だろう。それと、本日、名護入りして、500億円の金をばら撒くと口約束した石破氏。白昼公然の、権力と税金を使っての買収。犯罪的。RT @koichi_hirota:「辺野古移設協議会設置へ 政府、末松氏当選に限定」


岩上氏の言っているようにあきらかに買収行為である。こんなことが、稲嶺氏側の誰かが行ったのなら、即自民党、マスコミに大騒ぎされて、後で選挙違反により逮捕という事態になりかねない。

もう一方が細川氏の立候補で、また内閣の中枢の甘利大臣が、佐川急便の献金、オリンピック返上の話をつまみ食い批判している。マスコミも煽りに煽っている。オリンピック返上の話は、かえって健全な意見である。私自身も、まだ東北復興、福島原発のある中で、東京だけに国費を掛けるべきではないと考えている。この意見は東京都民、国民の間でも多数あると思う。舛添氏については、反原発と言っていた当初でも、原発推進であったという批判をマスコミはやっていない。

佐川急便の話も、小沢氏の場合と同じ話のように思える。これについては、体制べったりの産経の記事で真偽の程はわからないが、以下の記事が報道されている。

細川氏、1億円借金「おわび」へ調整 五輪招致消極的も認める?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140117/elc14011716430003-n1.htm


これについては、細川氏に説明してもらうしかない。「おわび」という言葉も意味不明で、やっぱり悪いことをしたとの印象を与える書き方である。

何度でも書くが、今回脱原発を争点化にして負ければ、もう原発の争点化は難しく、大手を振って各地で再稼働が進められるだろう。細川氏の公約発表日が延期されているという。細川陣営には、民主党の菅元首相、野田元首相が入っているとの報道もある。自民党を大勝ちさせ、国民の期待を裏切った戦犯が入っているなら、かえって逆効果である。

ここは政党色は封印して、日本の子々孫々のことを想って、「脱原発」に結集して勝利することを切に願う。例え落選しても、自分達の推した候補者しか考えない人は、本当の脱原発を願う人ではない。単なる自己満足だ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年01月17日 21:34
「岩上氏の言っているようにあきらかに買収行為である。」
---
かっちさんの言う通り!
---
A級「選」犯である(怒)。
地元紙(オンライン版)の反応を拾ってみたい。
2014年01月18日 22:50
現行憲法下で、こんなに「酷政」が国民と地方自治をイジメたことがあっただろうか?
---
痛状酷会で「ナチス発言」に遡って追求してもらいたいものだが・・・
今月は
1)開会
2)施政方針演説
3)代表質問
4)委員会(理事・委員長・委員)の指名/承認
などで終ってしまうだろう。
---
国会職員の方々に対しては言いにくいが、課題山積の我らがニッポン国における酷会は元旦から大晦日まで「通年」でやってもらいたいくらいだ!(怒)
---
(一部語変換)

この記事へのトラックバック