東京で細川氏が勝てば、小泉氏が言うように国の原発政策を変えられる

細川氏が出馬するにあたって小泉氏と会談し、小泉氏が「支援する」と表明した。個人的には、「脱原発」の議論が国民的に盛り上がり、それが国政に影響を与えることは非常に意義があると思っている。少なくとも国政では原発事故は過去の話になってしまい、原発推進に邁進している現状だ。

国政の中で、消費税、TPP、経済などが重要なことは勿論であるが、これから将来の何万世代に亘って負の遺産を残すエネルギー問題は、上記の課題よりも遥かに重要と思っている。高々50年間に、米国、ロシアで重大な原発事故が発生している。福島事故が起きた以上、今止めなければ永遠に止めることは出来ないだろう。脱原発はイデオロギーの問題ではない。自民であろうが、共産であろうが関係ない。まず止めなければならない。

脱原発の元祖の小沢氏は、心ある政治家だったら脱原発の道に至ると述べ、小泉氏の脱原発の発言を歓迎している。以下に、細川氏と小泉氏との共同会見のYoutubeである。

『細川元首相が立候補表明 都知事選、小泉氏が支援』


小泉氏は、原発ゼロでも日本は発展できると述べている。私もその通りであると思っている。小泉氏は、原発がないと発展出来ないというグループと、原発が無くても発展出来るというグループの闘いという。その通りである。

また、「原発がなくても日本は発展できる。東京が原発なしでやっていける姿を見せれば必ず国を変えられる。細川さんが当選すればエネルギー問題、原発問題で国政に影響を与えることになる」と述べ、細川氏が当選すれば国政を変えられると述べた。

自民がこれだけ、ネガキャンを繰り広げ大慌てしているのは、小泉氏のいうことが現実になる可能性が高いからである。個人的には、同じ脱原発を主張している宇都宮氏が当選すれば、それはそれでいいが、正直言って社共の支持だけでは舛添氏には勝てないと思われる。

自民や自民の息のかかったマスコミは、20年も前の佐川急便問題を引っ張り出して攻撃を始めた。原発問題は、そんな20年前の過去の問題よりは、今の日本にとって遥かに重要である。ここは、何としても脱原発派の総意として、細川氏に勝ってもらわなければならない。

また、細川氏、小泉氏とも、首相のときに原発を推進していたのに、その反省が無いからダメだという意見も聞く。これがダメなら私自身も同じ類に入る。福島の災害が起こらなければ、ここまで強く「脱原発」の思いは持たなかっただろう。細川氏にしろ、小泉氏しろ、また小沢氏にしろ、福島の惨状を見て考えが固まったと思われる。それでいいではないか?生活が直ぐに宇都宮氏を支持しなかったのは、裏で小沢氏も動いていたと信じたい。

今、最も重要なことは、「脱原発」で日本が発展出来ることを示すことである。ドイツは既にその道を歩んでいる。国のトップ、最大の自治体のトップがフラッグを示せば、自ずと日本全体が、原発に変わる再生可能エネルギーを開発するであろうことを硬く信じている。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年01月14日 22:28
「今、最も重要なことは、「脱原発」で日本が発展出来ることを示すことである。」
---
かっちさんの言う通りである。
---
但し、何故メディアがこの元首相コンビを取り上げるのか?
選挙応援か?
多少疑問が残るのだが・・・

この記事へのトラックバック