東京選挙区の山本太郎氏への殺害予告の犯人を、官憲の名誉に掛けて逮捕すべきだ!

東京選挙区の山本太郎氏に対して、ネット上に殺害予告が書き込まれたという。今回は初めてのインターネット解禁での国政選挙である。有権者が他者に、Eメールなどで投票関係を勧誘や通知などをしたら処罰される。なぜ、ツイッター、Face bookが良くてEメールがダメなのか理由はわからない。こんなくだらない規則でも処罰されるのなら、殺害予告などは論外中の論外で、最重要で捜査しなければならない。記事には捜査すると書かれているが、ポーズではないかと思ってしまう。

なぜなら、今の官憲は無実のものでも逮捕し、有罪にしてしまうからである。検察自体が、今や全く信用されていない。それは陸山会事件、その原点ともいうべき佐藤栄佐久元福島県知事の逮捕にまで遡る。

しかし、今の警察は自公などの候補なら、いざ鎌倉で捜査に入ると思うが、自公、現体制を批判する反原発の山本氏の場合はポーズだけかもしれない。それほど今の官憲には不信感を持っている。

山本氏は、今日の午前中、選挙区の選挙活動休止中に、新潟県の選挙区で活動している生活の森ようこ氏の応援演説に新幹線で駆け付けたのである。山本氏は柏崎の原発を止めるように主張している森氏を応援したのである。森氏は山本氏の話を聞いて、目がしらを押さえていた。こちらももらい泣きをするほど、発する言葉には魂がこもっていた。

山本氏は1時間ほどの応援演説後、午後から行う東京での選挙活動のため帰っていった。山本氏は、最後の5議席目を民主党の鈴木氏と争っているとの報道も見られる。このような情勢だからこそ、このような殺人予告がなされているのかもしれない。警察はインターネット解禁元年の最大の犯罪に対し、直ぐにでも犯人を逮捕すべきである。



参院選候補・山本太郎にネット上で殺害予告
http://gendai.net/news/view/108983

参議院選に東京選挙区から無所属で立候補している山本太郎(38)に対し、インターネットの掲示板で殺害予告が書き込まれていたことが分かった。

 問題の書き込みがあったのは17日未明。犯行予告の収集・通報サイト「予告.in」に、<明日の午後3時に山本太郎の選挙事務所に包丁もって山本太郎を殺害する。その後愛宕警察署を爆破する。税金泥棒の無能警察官は俺の手で始末する。絶対にやるから覚悟しとけ>と掲載されている。

 一部報道によると、警視庁が午前9時半ごろに書き込みを発見し、山本の事務所に連絡したという。山本は、犯行予告時間に東京・池袋駅東口で街頭演説、有権者らの写真撮影に応じていたというが、幸い事件は起こらなかった。警視庁は、悪質な選挙妨害の可能性を含め、捜査中という。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2013年07月19日 01:00
かっちさんの報道で初めて知った!
政治に対する冒涜であり許されるものではない
また治安に対する挑戦であり 徹底解明が急がれる山本太郎さんは 毅然として選挙運動を行ってもらいたい
2013年07月19日 12:43
こんな予告を書き込むくらいだから、候補が当選して「柏崎刈羽原発」の再稼働が阻止されると困る人が後押ししているのか?と疑いたくなるぞ(怒)

この記事へのトラックバック