日刊ゲンダイ紙も、安倍氏と橋下氏の一連の考え、認識は同根と看破。

昨日、このブログで『安倍政権があり同根の維新がある。自民、維新の化けの皮がどんどん剥がれ、中身が明らかになる。』と書いたが、今日の日刊ゲンダイ紙に、昨日のブログの趣旨と同じ以下のタイトルの記事が掲載された。

『橋下大阪市長と安倍首相 発想は同根 http://gendai.net/articles/view/syakai/142371この中で、以下の記事のように、橋下氏と同じようなことを言っている。

例えば、97年に「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」(代表・中川昭一)が結成され、当時43歳の安倍首相は事務局長を務めた。その勉強会で安倍は従軍慰安婦についてこんなことをしゃべっている。

〈韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっているわけですね。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら私は思っているんですけれども〉

まさに橋下と同じ発想だが、先に言ったのはこっちの方だ。安倍首相は07年の前回の総理時代にも国会で「強制はなかった」と発言し、当時のシーファー駐日米国大使に「アメリカには性の奴隷を支持する選挙民はいない」と厳しくたしなめられた経緯がある。


橋下氏と同じ維新代表の石原氏も、慰安婦は必要だったと述べ、石原氏自身も同根であることを自ら認めた。橋下氏は昨日から今日に掛けて、自分に対する批判に弁解するため、ツイッターでひたすら連投しているが、連投をすればするほどドツボに嵌っていくようだ。いくら外国でも同じことをやっていたと叫んでも、今批判されているのは政治家としての橋下氏本人の基本認識と公人トップとしての資質である。

同じ維新の松野議員が、両代表の発言は維新の公式見解ではないといくら否定しても、党の二人の代表が全く同じ認識を持っているということ自体、党の公式見解と同じ意味を持つ。この党は例え世界から批判されても、蛙の面に小便といった状態だろう。こういう人に対する畏敬の念の無い政治家に、国家を語ってほしくはない。

今、安倍首相も、同根の橋下氏、高市氏の発言で政府全体が世界から非難されないように、急に今までの発言をトーンダウンさせて、ひたすら参議院選挙への影響の極小化を図っている。

この中で、もう一つ気になるのが、飯島内閣官房参与が北朝鮮で動いていることである。特に参議院選挙前に動いていることは、政権の人気取りのために拉致被害者の誰かが帰国する可能性があるのではないかと思っている。特に以下の報道が気にかかる。

首相、正恩氏との会談を視野に…拉致問題解決で
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130515-OYT1T01213.htm?from=top

北朝鮮も、安倍政権が喉から手が出る程、政権にプラスになることを欲しがっていること知っている。今なら自分達の要求を最大限高く売れると考えているだろう。 この辺が長年政権を担っていた政党のしたたかな知恵である。

今回の橋下氏の発言は、自分自身が予言した「党が消滅」する引き金になった。国民は安倍首相も橋下氏と同根の考えをもっていることを知って、参議院選挙ではっきりとNoを突きつけなければならない。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2013年05月16日 08:53
女性の敵 橋下も スーパーウルトラ右翼 安倍も 同じ穴の狢 いよいよ馬脚を現した
慰安婦問題で 韓国 中国はカンカン 米国にも総すかん
このタイミングで しらばっくれて訪朝しても 既に足下見られている 大した成果は得られないし 他国を刺激する事にもなる 決して参議院選挙のプラス材料になる事では無い 既に飯島の行動はバレバレである
2013年05月16日 09:02
最近の増すゴミメディアは 少しマトモな報道をし出した
中立 公正な報道を期待したい!!
2013年05月16日 09:10
何をとちくるったか 与謝野氏 今更 自民党に復党 呆れた! 耄碌爺 何でも有りの自民党 参議院選挙では 横浜銀蠅ファミリーが立候補 今更何なんだ 暴走族とか ずべこうとかそんな連中の吹き溜まりか
2013年05月17日 23:32
総裁/共同代表が「暴走中」の2政党の議員の皆様
---
心からお見舞い申し上げます。
また、一刻も早く「離党届」を出して「受理」されるよう切に望んでおります。
---
ジャイロさん・・・てな感じでよろしいでしょうか?

この記事へのトラックバック