衆議院選挙無効の判決は本当に出るのか?もし出たら、まだ日本に希望が持てる。

最近、マスコミが盛んに、以下の新聞記事のように、裁判所が選挙選を無効とするかもしれないと報道している。全国で16件の訴訟が出されており、いずれも早期に判決が出されるとしている。


国会に厳しい判断も=昨年衆院選の無効訴訟、6日初判決-東京高裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013030400553

 「1票の格差」を是正せずに実施された昨年12月16日の衆院選は違憲として、二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に選挙無効を求めて起こした16件の訴訟で、初の判決が6日、東京高裁(難波孝一裁判長)で言い渡される。2009年衆院選を「違憲状態」とした最高裁判決から約1年9カ月で格差を是正できなかった国会に対し、厳しい判断が予想される。
 6日に言い渡されるのは東京1区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、27日までに一連の訴訟の判決が出そろう予定。前例のない選挙無効の判断が示されるかどうかも注目される。
 公選法は提訴後100日以内の判決を求めており、今回は全ての判決が100日以内に指定された。09年衆院選をめぐる訴訟では高裁判決が出そろうまで約8カ月かかるなど、これまでは規定が厳密に守られてきたとは言えなかった。今回の異例のスピード審理は、国会に速やかな格差是正を促す裁判所の姿勢の表れとも受け取れ、最高裁の判断も早期に示される可能性がある。


上記の記事を読むと、前回の訴訟においては、法を守るべき裁判所自体が公選法の規定を無視して判決を延ばしていたが、今度は異例というか、公選法に則って格差是正の判決が出されるという。今の政治は、自分達議員のこのとは棚に上げて、公共設備投資は増やすが、生活保護費や原発で被災した人たちへの個々人への投資は減らしたり、予算化しなかった。この判決で衆院選挙が無効という話になれば、拍手喝采である。自民党が一番びくびくしているだろう。衆院選挙では、公約は全て玉虫色で、今の政治方向と明らかに違う方向に進んでいる。

原発も福島においてゼロを宣言していた。今は30年後の原発ゼロの民主党政策ですら反故にした。TPPについても参加はしないと述べていた。普天間の基地移転についても、辺野古基地へ移転するとは今のように明確に宣言していなかった。

もう一度、選挙をやり直せたら、また結果は大きく変るだろう。自民、維新の化けの皮も剥がれたし、未来の党で失敗した生活も、もう少し変わるだろう。ただ変わらないのは、民主党のどうしようもない政治に愛想が尽きたことだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 54

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2013年03月05日 13:13
かっちさんの言うように「判決は本当に出るものか?」
ということで、お役所の「仕事したフリ」というのもあるが、まずは国会議員への「お灸」くらいにはなりそうだ。
2013年03月06日 12:19
それより選挙戦真っ只中で、
「自民党3分の2をうかがう勢い」などと「分析」した報道で、有権者が投票に行くのを諦めさせたのは「選挙妨害」にならないのか?
司法の裁きはいかに?

この記事へのトラックバック