かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党の再生は、まずは野田元首相除名と小沢氏への不当な扱いの自己批判から。

<<   作成日時 : 2013/02/17 22:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 61 / トラックバック 1 / コメント 1

今、民主党が衆議院選挙大惨敗を受けてその総括をするため、党執行部が手分けして全国を回って、党員、サポーターの意見を聞いている。その中で、党員から「野田元首相を除名するように」との意見が出されたということである。

「前首相を除名に」…馬淵氏に民主党員ら直言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130217-OYT1T00386.htm?from=tw
 民主党の馬淵澄夫幹事長代理が16日、水戸市を訪れ、党員やサポーターとの対話集会に出席した。
 党員らからは「野田前首相を除名にしてほしい」「党の理念が分かりにくい」などと、厳しい意見が相次いだ。


この意見は、民主党の党員なら当然持つ感情であろう。なにせ、野田執行部の誰が言ったかはわからないが、200人もの同志が落選したことを受けて、贅肉が取れてすっきりしたと述べたと報道されている。負け惜しみの発言とは思うが、あまりに不謹慎な言い方で、こんな党だから50人も、60人も離党しても何とも思わない。血も涙も無い党であるから、国民に約束した公約も反故にして、自公に自分の命を貢ぐことも平気でやる。その張本人の野田元首相にこのような意見が出てこないのが不思議であった。民主党党員の中にもまともな人がいる。

その代表の海江田氏が惨敗理由や政権運営の問題点を総括している。その内容が以下の報道に紹介されている。

トップ迷走・不適閣僚・党内混乱…民主自己批判
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20130216-OYT1T00723.htm
 民主党改革創生本部(本部長・海江田代表)は16日、衆院選惨敗の理由や政権運営の問題点を総括する「党改革創生案」をまとめた。24日の党大会で決定する。
 衆院選惨敗について、小沢一郎元代表らの離党を念頭に「党内を治めることさえできない集団に国家の舵(かじ)取りを任せられないとの評価が定着した」と明記した。

鳩山元首相の米軍普天間飛行場移設問題をめぐる迷走や「政治とカネ」の問題、菅元首相の「消費税発言」などを踏まえ、「トップによる失敗の連鎖が続いた」と指摘。閣僚人事で「適材適所の人材配置が実現しないケース」があったとした。また、2009年衆院選で政権獲得の原動力となった政権公約(マニフェスト)に関しては、「財源の裏づけが不十分で実現性を欠くものとなった」と自己批判した。
(2013年2月17日08時54分 読売新聞)。


これを読むと、党内もまとめられない政党が国をまとめられる訳がないと言っているらしいが、このブログでも再三書いている内容である。50人も60人も離党させて、公約を破って自党を惨敗させる裏切りは、民主党員から見れば除名ものであろう。

普天間移転の迷走、菅元首相の「消費税増税発言」の内容はその通りであるが、「政治とカネ」の問題はどのように総括するのか? 

「政治とカネ」の問題が民主党の評判を落としたと言うのならそれは違うだろう。「政治とカネ」は検察当局とマスコミが仕掛けた小沢氏を失脚させるためのたくらみで、結局無罪として証明された。この動きに民主党執行部は、仲間を守るどころか、逆にそれを利用して小沢氏の後ろから鉄砲や石を投げ、且つ座敷牢に押し込めて政治生命を党自ら絶とうとしたのだ。

小沢氏のせいで民主党がダメージを受けたというのなら党再生はまやかしで、自己批判が全くされていないだろう。もし、そのような総括でなければ、その小沢代表が選挙協力もいとわないと述べた真意は理解できるが、やはり「政治とカネ」のダメージを小沢氏から受けたと総括するなら選挙協力もいかがなものか。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
参院選では野党の大同団結が必要と小沢氏、民主はみんなの党に秋波、社民が3議席以上の目標を設定
生活の党の小沢一郎代表はテレビ東京の番組で、7月の参院選について「このままじゃ自民党に勝てない。各党が大同団結する必要が絶対ある。野党第1党の民主党から呼びかけてもらえれば、僕はいつでも、できる限り協力したい」と述べ、民主党との選挙協力を模索する考えを示した。民主党の海江田万里代表は2012年度補正予算案の修正案共同提出について「みんなの党に乗ってもらえるかの交渉になる」と述べ、同党との協力を主眼に修正案をめぐる野党間の協議を通じ、夏の参院選に向けた協力関係構築を探る考えとのこと。なぜ小沢... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2013/02/18 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの指摘は至極まっとうだ!

しかし、自分の党がダメだと言っているのに(今頃)その幹部に文句を言っていては救いようがない。

1)まず、国民に対しての「裏切り」を組織として(地方組織としても)懺悔すること
2)議員の落選を、100%党のせいにしないこと。
3)鳩山由紀夫元首相、官直人元首相に文句があるならその時点で言っておくべき。(いまさら何をか)

まったく、未練がましい連中だ!
(座布団マイナス100枚)
もひ
2013/02/17 23:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
民主党の再生は、まずは野田元首相除名と小沢氏への不当な扱いの自己批判から。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる