国民の生活が第一の元幹事長 東氏が、総選挙の総括と今後の戦略について熱く語る。

国民の生活が第一の幹事長であった東氏はどうしたのか、いつも気にかけていた。昨年暮れの総選挙で必ず当選すると見ていたが、本人には失礼ではあるが実力的には月とスッポンの民主党の田中絵美子氏の票にも及ばず落選した。東氏自身はツイッターをやっていないので、生の声が聞こえてこない。そんな中、以下のツイッターで、東氏が総選挙の総括と今後の戦略について語っているというので、早速見てみた。

psw_yokohama‏@psw_yokohama
「国民の生活が第一」の幹事長を務めた東祥三氏(生活の党)の動画。総選挙の総括および今後の戦略。「マスメディアの報道を鵜呑みにする人が多い日本」の話など、必見です。http://www.youtube.com/watch?v=NMrO_p1RNsQhttp://www.youtube.com/watch?NR=1&v=eRXU_e4wUUo&feature=endscreen …#生活の党 #生活




詳しくは、動画を見て頂きたいが、印象に残った内容を以下に書いた。

話を聞いて、東氏も選挙の時、今まで以上の辻立ち、ミニ集会、2万部の広報配布をやったが、未来の党の準備の無さ、また同じような主張の党もあって票が分散してしまい、結果選挙民には伝わっていなかったと述べた。また、自民党に投票した有権者は前回総選挙より減っており、自民党に投票した有権者も必ずしも諸手を挙げて投票した訳ではないと述べた。巷にはムサシの不正という話もあるが、一切泣き言は言わなかった。

 司会者が、巷には脱原発、消費税反対という人はたくさんいるが、今後有権者と政治家はどのような付き合いをしていくのかと聞いた。東氏は、日本人はマスコミの報道を70%が鵜呑みにする。その次がナイジェリアで、中国は60%がマスコミを信じる。イギリスは14%の人しか信じない。今回の選挙ではマスコミの誘導通りになったと言った。司会者が、それではどうしようもないと話したら、東氏はマスコミに70%が騙される。例えそうであっても残りの30%の人に託すしかない。政治家はその30%の人の一人一人に訴えなければならないと述べた。

この話を聞いて東氏は大丈夫だと思った。逆に、我々以上の打撃を受けたはずの東氏に励まされた思いである。我々も30%の中に入って支援していかなければならない。30%は途轍もなく大きな値である。今、生活は所謂マスコミの調査では1%を切っている。30%の数字から見れば、またまだ糊代がある。もう一度、一から盛り立てていくしかない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年02月16日 19:39
昨年末の衆議院選挙はひどすぎた。

例えば「自民3分の2に達する勢い」などと報道すれば、投票に行く気がなくなろうというもの(怒)。

組織票を投じた団体には「補正予算」で報い、
新聞にはご褒美として低減税率か?

国民をバカにしている!


この記事へのトラックバック