民主党の首相も、自民党の総理候補も碌な候補はいない。中でも石原氏は最低だ。

自民党の総裁候補に5人も立候補した。マスコミの世論調査では自民党の支持率が最も多いから、そのまま信じれば第一党になる。つまり第一党になれば総理大臣になる可能性が出て来る。どの候補も日本の国の首相としては?が付く。この中でも石原氏は何をやらかし、何を言うかわからない。やはりおやじの因果は子に移る。

親父の石原知事は、3.11の東北大震災のとき、「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」と述べ、人間としての品性を疑わせた。また環境庁長官のとき、水俣病患者の直訴文に「IQの低い人が書いたような​字だ」と述べ、患者さんの中に「偽患者もいる」と発​言し、これを追及されて、仕方なく胎児性水俣病の患者さんに土下座した。

この親にしてこの息子である。「9.11の米同時多発テロについて「歴史の必然として起こった出来事ではないか」と述べ、「胃ろう」患者に対して、「映画で寄生したエイリアンが人間を食べて生きているみたい」と述べた。またつい最近、報道ステーションで、「ナマポ(生活保護)」、「尊厳死」の持論を述べた。つまり、政府の支出を押さえるためには、生活保護を切り、(お金を掛けるのはもったいないので)無理して存命させない死を選ぶことを述べている。この親子に流れている血には「人に対する尊敬」、「畏敬」の念は無いようだ。

 このような人物が、一国の総理になることは空恐ろしい。ただでも自民党は弱者切り捨てで大企業、経済界、官僚社会に目が向いていた。ある意味、野田首相よりも酷くなるかも知れない。石原氏は、民主党がまとめた「2030年代に原発ゼロ」の提言に関しては「激変はいけない。いつゼロにするという話は非常に無責任だ」と批判した。彼が総裁になれば直ぐにでも原発再稼働の道が開かれるだろう。

自民党の総裁候補から原発ゼロなどという話は聞いたことはない。今は口チャック状態で、総選挙が済むまでは原発の話には触れていない。

日本の国の姿を見た場合、原発をゼロにしない限り、今後生まれてくる世代の立つ瀬がない。原発容認かゼロかは、次期総選挙の大きな選挙の極めて重要な焦点となる。

原発について、ゼロを本気で言っているのは「国民の生活が第一」である。心ある国民は「生活」党に投票すべきだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック