名古屋河村市長が苦戦と言われる世の中は、先が見えてきた。

愛知県知事の大村氏が、知事になるとき支援してくれた名古屋市長の河村氏と仲が悪くなっている。それは、大村氏が何を思ったか、石原氏が新党、政治集団をつくるのであれば、ぜひ連携したいと言い出したからだ。

大増税が今の日本の趨勢である。野田首相はそれを不退転としている。それと真逆な言い分が河村市長である。しかし、日本は少しどころか、全く変な世の中になった、「減税」と唱えることが、何か間違ったことを主張しているような雰囲気に陥っている。石原新党の党首と持ち上げられている石原知事は、河村市長が主張している「減税」など全く評価していない。

「今月には名古屋で橋下、石原との3者会談が行われるともいうが、完全に蚊帳の外に置かれて、『河村市長 3都市連合 蚊帳の外のミジメhttp://gendai.net/articles/view/syakai/134906』と日刊ゲンダイに書かれているのが地元・名古屋の河村たかし市長である。

河村市長は、大阪市長の橋本氏との連携を模索しているが、橋本氏は、「僕らは減税を打ち出さない。河村さんが減税をどんどん打ち出すなら、政策が違う」と発言し、減税日本との今後の連携に慎重な姿勢を表明した。これを受けて、河村氏は、『脱増税』で連携すればいいのではないかと述べ、橋下市長との連携を引き続き模索する考えを示している。

 河村氏の言っていることは、「減税」を目標とすれば、自ずと公務員や地方財政のムダを省いていくことに繋がるというものだ。ある意味、究極の善政であるが、今や増税の風潮の嵐の中、こんなことを唱えること自体が変人扱いにされそうな雰囲気である。

 世の中もガラリと変わってしまった。ある意味、民主党が河村市長の最も良き理解者の党のはずであったが、菅元首相が参議院選挙で消費税増税を口走ってから、民主党も狂いだした。野田首相から言えば、河村市長などは気がふれているとでも思っているだろう。国民もマスコミ効果で大分増税論に毒されてきた。

ぶよぶよの贅肉をもった政府機構、国家公務員機構、地方公務員をそのままにして、いくら増税しても国は保たない。河村市長が評価されないような世の中は何かが狂っている。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック