田代検事の虚偽報告の本質を隠蔽する朝日新聞社説

今日の朝日新聞社説は、陸山会事件で石川元秘書の捜査を担当した田代検事の虚偽報告のことを論評した社説であった。そのタイトルは『うその報告書―検察は経緯を検証せよ』と、一見まともな題だが、何をいまさら白々しいことを書いているのか。白々しいと書いたのは、検察が虚偽の報告をするなんて信じられないと、びっくりしたような表現であることだ。何を言っているんだと言いたい。

詳しくは以下に掲載しておくので読んで頂きたいが、社説の中の表現を抜き出して批判する。

朝日新聞の陸山会事件に対する態度は、小沢氏が代表選挙に出馬したとき「開いた口が塞がらない」と選挙妨害をしたように、小沢氏は水谷建設からお金を貰ったという検察側のストーリーに立っていた。ことある毎に、世論調査などで小沢氏を攻撃してきた。しかし、ネット社会や日刊ゲンダイ紙などは、検察の不当な捜査について追及してきた。今回、裁判における検事自身の証言として、これ以上無視すると、マスコミとしてこれまでの責任を問われる恐れがあるので、ここで検察を批判して辻褄をあわせようとしていると見ている。

社説の冒頭で、『 驚き、あきれてしまう事実がまたも明らかになった。 』と書いているが、こちらが「驚き、あきれてしまう」。何を今更知らんふりをしていると言いたい。もし本当に何も知らなかったら、マスコミとしては失格である。こんな言葉を幾度書いても、日頃、検察の行為、捜査に不信を抱いている心ある国民は誰も信じない。

『秘書だった石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検の検事が、事実と異なる捜査報告書を上司に提出していたことを認めた。』
『捜査員がねじまげた調書を作ることが問題になっている。それでも調書の場合、調べられた当人が署名しなければ証拠にならない。だが報告書は部内資料のためルールは甘く、捜査員が署名するだけだ。そこにうそを書く。ある意味で、調書のねじまげより罪深いといえる。 』
『なにより真実でない報告を受ければ、上司は捜査の方針を誤るだろう。この検事は「別の取り調べの時と記憶が混同した」などと弁解したが、本当ならばそれだけで検事失格だ。
 自覚と緊張感のなさは、報告を受けた側も同様である。 』


この社説で一番問題にしているのは、検事が調書を虚偽することは、検察上司に報告する内部報告書の虚偽よりは、罪が軽いという論評である。この論理は全く的外れであり、この事件の本質を全く捉えていないというか、本質を隠蔽した言い方である。さらに言えば、内部報告書を書いた田代検事が最も罪が重く、それを見抜けなかった当時の上司であった佐久間特捜部長、その上の大鶴次席検事の罪は軽いという言い方である。

しかし、本質は全く逆だろう。前田元検事が当時の捜査状況を暴露したように、上記に上げた特捜部長、主任検事、高検の次席検事らの幹部にとって小沢氏を逮捕することが目的で、そのストーリーに合わない数多くの証拠を無視していた。

つまり、上司が見立てた(ストーリー)に田代検事が合わせた報告書を出したというのが本質である。こんな単純な事実を、如何にも今回の偽造報告書は、田代検事が偶々犯した罪のように矮小化し、検察の最も恐ろしい「見立て」捜査の問題を隠蔽している。

さらにもう一点、この社説が間違っていることは、『捜査員がねじまげた調書を作ることが問題になっている。それでも調書の場合、調べられた当人が署名しなければ証拠にならない。』と述べている。これが日本の代表的なマスコミの社としての意見とすれば、あまりに恐ろしい。

捜査員が捻じ曲げた調書を書いても、当事者が署名しなければよいと述べているがトンデモないことである。今問題になっているのは、当人は署名したくなくても、最終的には、子供、家族、会社、同僚などなどを取引材料に、あらゆる手段を使って署名せざるを得ない状況に追い込まれるのが問題なのである。朝日新聞がこのことを真面目に書いているのなら、本当にマスコミとしての分析力、洞察力もない。

しかし、上記の理由はあまりにマスコミとして情けなく、お粗末であるので、この社説の本当の意図することは、今回の調書虚偽、虚偽報告書は、偶々田代検事の個人的な誤りとして、検察捜査の問題の本質を隠蔽する社説であるとしか思えない。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


うその報告書―検察は経緯を検証せよ(12月18日 社説)
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2
 驚き、あきれてしまう事実がまたも明らかになった。
 小沢一郎・民主党元代表の政治資金をめぐる裁判で、秘書だった石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検の検事が、事実と異なる捜査報告書を上司に提出していたことを認めた。
 石川氏は昨年1月に逮捕されたとき、「政治資金収支報告書にうそを書くと元代表に報告した」と認める供述調書に署名した。元代表を「起訴相当」とした検察審査会の1回目の議決を受け、この検事は改めて5月に石川氏から事情を聴いた。その際、あえて不利なことを認めた理由として氏が語ったという、報告書の中の生々しい言葉は、実は架空のものだった。
 捜査員がねじまげた調書を作ることが問題になっている。それでも調書の場合、調べられた当人が署名しなければ証拠にならない。だが報告書は部内資料のためルールは甘く、捜査員が署名するだけだ。そこにうそを書く。ある意味で、調書のねじまげより罪深いといえる。
 なにより真実でない報告を受ければ、上司は捜査の方針を誤るだろう。この検事は「別の取り調べの時と記憶が混同した」などと弁解したが、本当ならばそれだけで検事失格だ。
 自覚と緊張感のなさは、報告を受けた側も同様である。
 元代表の刑事責任の有無を考えるうえで、石川氏はカギを握る重要人物だ。再聴取の様子をしっかり確認していれば、今になって「報告書は事実と違う」という話が出てくることなど、およそなかっただろう。
 結局、起訴に向けてさらに捜査を尽くせという審査会の指摘には正面から向き合わず、一方で、自分たちの調べに問題がなかったことを組織内で確認しあって再捜査を終わらせた。はた目にはそのように見える。
 素人である検察審査会の審査員や裁判員に正しい判断ができるのか、という声はくすぶる。
 もちろん絶対に間違えないとは言わない。だが国民の能力をうんぬんする以前に、専門家の手で正しい証拠が隠されたり、不当な誘導がされたりすることが、誤った結論をもたらす。この当たり前のことを、いま一度確認しておきたい。
 今回の問題が元代表の裁判にどう影響するかは軽々しく言えない。確かなのは、検察不信がまた深まったということだ。
 なぜうその報告書が作られ、チェックもできなかったのか、経過を解明・検証して国民に説明する作業が欠かせない。「公益の代表者」の名が泣いている。再生の道は、はるか遠い。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 70

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック