今のぐちゃぐちゃの日本を立て直すのは小沢氏しかいない。国家感のない候補議員はひっこめ。

政治番組の中でたぶん唯一傾聴している番組が、BS11の『田中康夫のにっぽんサイコー!』である。田中康夫もお山の大将で自身党首で民主党などとは馴染まないが、他の政治番組などより真っ当な話をするので好きな番組である。なぜBS11が田中氏を主役として番組を持たせているかよくわからないが。

類は友を呼ぶというか、ゲストに来る人物もなかなか聞いていてためになる人が来る。昨日のゲストは、記者の中でも一目置いておいているBS11報道局長の鈴木哲夫氏であった。鈴木氏は、菅内閣の不信任案提出のとき、マスコミは小沢氏グループの不信任案賛成票を過少に評価したが、鈴木氏は予想以上の議員票を確保したと的中させていた。日刊ゲンダイ紙には、小沢氏絡みの記事でよく登場してくる。

鈴木氏は、今の政治状況は一見対立しているようだが、民主党、自民党ともに、解散怖さで都合のよい状態に陥っていると述べた。このままでは、この閉塞した政治状況がまた10年も続き、日本は本当に沈没してしまうと。今民主党のポスト菅の候補者を見ると、前原氏、枝野氏、野田氏などが出ているが、全て菅氏を支持した者で共犯者であり、菅氏が退いたら一緒に退場すべきと述べた。特に、彼らから日本の国家感を聞いたことがないと述べた。

このような政治状況の中で、いずれは若い世代の議員が首相になるにしても、今の難局に当たるのは、国家感をもつ、経験のある人物がならなければならないとした。その最初に挙げた人物が、今裁判中ではあるがと言いながら小沢氏であった。その他に亀井氏も挙げた。

鈴木氏が、多少言いにくそうであったが、小沢氏が本命と言いたかったのは明らかである。これは、しつこく、本ブログや心ある多くのブロガーが述べていることである。

小沢氏を逮捕しようとした当時の東京地検特捜部の佐久間部長は、大津地検の検事正に昇進したが、新検事総長の下での人事で、東京都府中市にある「国連アジア極東犯罪防止研修所」(アジ研)の所長に異動する、つまり左遷されたのだと阿修羅の掲示板http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/328.htmlに出ていた。この出鱈目な捜査がなければ、菅のような国家感のない、思いつき議員が首相になり、日本は3重苦(政治、大震災、原発事故)に陥いらなくて済んだのだ。

国民は、この国難の時に、もっと堂々と小沢氏を首相にすべきと述べるべきである。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック