菅首相がもっと頑張って嫌われものになるほど、小沢復権の芽が出てくる。

菅首相を支えてきた執行部が、みんな菅首相を辞めさせるため、辞める辞めると言い出した。仙石しかり、野田しかり、玄葉しかり。岡田は共犯中の共犯であるが、2次補正の会期延長と首相の続投は連携しないと言い、『私も暇になりますから、これからもよろしく』と自民党の石原幹事長に述べたという。首相が辞めれば、当然自分も辞めると述べている。もう一人、女房役の枝野は、まだあからさまに自分は辞めるとは言っていない。枝野が言えば、家庭内離婚となる。枝野は決してボロを出さない男なので、自分の本心は言わない。

上記の連中が辞めると言っても、菅首相はイソップ物語の北風ぴゅーぴゅーの如く、ますます上着を固く締めて、辞めると言わないように感じる。なぜなら、何度かここで書いているように、普通の精神構造と違う人間で、一種の「病気」だからである。

精神科医に聞けば、何らかの病名があるのではないかと思うが。周りの人様がどう思っているかへの感情が鈍化している。外の人がどう思おうが関係なく、唯一家庭の中で伸子夫人の支えだけを絶対としているように思える。人間、周りの人が自分がどう思っているか、どう映るか、それを気にするだけでも自己規制が働くが、それが全くない。

自民党の大島副総裁が18日のBS朝日の番組で、菅直人首相が退陣時期を明確にしないまま再生エネルギー特別措置法案の成立に意欲を示していることをめぐり「下品で下劣だ。見識がない首相を持ち、本当に悲しい」と以下のように批判した。

自民・大島副総裁「首相は下品で下劣」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110618/plc11061812510005-n1.htm


自民党の副総裁が、テレビで「下品で下劣」と、およそ公人のトップをこのような「下品」な表現で述べることが異常で、普段なら名誉棄損並みの発言である。これほど酷い言葉をぶつけても、問題にならないほど、今の政治は異常である。

22日に両院議員総会があるというが、菅は総会でどんな酷い非難を受けようが、法的に首相を辞めさせることは出来ないから安心して高をくくっている。

これだけ与野党を含めて不評なら、マスコミが騒ぐが、何故か静かに傍観している。鳩山元首相の時は、連日マスコミが主導して引きずり下ろしたが、今回は、朝日新聞からも「開いた口が塞がらない」などという社説も出て来ない。余程、菅首相が政権に残ってくれた方がいいらしい。それほど、官房費が効いているのか。米国も、沖縄基地問題も遅々として進まないが、何も文句を言わない。余程、鳩山・小沢政権よりはいいらしい。

マスコミにしろ米国にしろ、今までの体制が変わらない、バカな政権程、都合がいいということである。民主党の小沢氏が首相になるなんてとんでもないことなのであろう。

しかし、菅の頑張りで菅を支えた執行部がバラバラになってきて、逆に小沢氏のフリーバンドが増えてきたと考えている。菅―岡田の執行部ラインが無くなれば、小沢氏の党籍停止などの扱いもガラッと変わる可能性が出てくる。

そいう意味で、菅にはもっとKYで、徹底的に党内、野党、国民にも嫌われものになってもらう方がいいと考えている。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←>****←お手数で申し訳ありませんが、もう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック