「石川議員再聴取やりとり詳報」に見る検察の「裏取引」の実態 

石川議員の再聴取における検事とのやり取りの詳報が出てきたので読んでみた。

少し長いが、まだ読まれていない方は一度読んで頂きたい。まず、録音機をもっているかいないかを極度に警戒している。自分たちが如何に録音されたら、法律的に「ヤバイ」行為を行っていることを、よく認識している。確信氾である。公明正大な取り調べなら、逆に被疑者の話したことが証拠になるはずである。

しかし、そんな証拠は必要ないのである。なぜなら、検察の初めにストーリーありきの創作物語であるかだ。詳報というが、実際の事情聴取は数時間以上掛かっているので、実際にはこの文章の数十倍の長さであろう。そこにはもっと生々しい話が隠されていると思われる。それは最後の切り札として確保していると思われる。

今回、石川議員側から、陸山会事件の創作ストーリーの中で、特捜部が裏取引して、刑を軽くする代わりに、小沢氏に不利な証言を引き出した水谷元会長の証人要請をしたということである。そもそも、この人物が全ての発信地であるから至極当然である。この証人と関係する事情聴取の録音の中にも、検事が述べた信じられない話が含まれていると考えられる。

その片鱗が、
検事「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、別に水掛け論になるから相手にしなくていいんだよ。証拠ないんだから」という言葉に凝集されている。

検察が「勝手に言っているだけ」、「証拠はないんだから」とは何だ。この会話はどういうことなのか?
あなたは検察でないのか?と問いたい。石川議員が、さほど驚いてもいないようなので、このような会話はその前の会話の中にも出ていると推測される。

それにしても、、この事情聴取は一体なんだと言いたい。

本来、検事が、石川議員が先の事情聴取の内容を変えると、検察審査会で審査員の心象が悪くなり、小沢氏の身に強制起訴という結果に降りかかると脅し、前回通りの証言にするように説得している。

これは事情聴取というものではなく、「裏取り引き」である。つまり、検察側の通りにしておけば「悪いことにはしない」という取引きを強要している。

先日、陸山会事件の源流となっている佐藤栄佐久前福島県知事の事件について書いたhttp://31634308.at.webry.info/201101/article_29.htmlが、佐藤知事が「天の声」を発したという証言が、当時の部下の土木部長の坂本氏である。佐藤氏の公式ブログには、坂本氏が事情聴取に関係して家宅捜査されたとき、自宅の机の中から2000万円近い自宅のものと違うかなりあやしい通帳が出てきて、度々通帳から福島市内ではなく、東京の銀行で引き出されていたという事実があったということが書かれていた。しかし、そのあやしいお金については特捜部は不問にしたと書かれている。佐藤氏が「天の声」を言ったと坂本氏が証言する代わりに、その預金の出所は不問にしたのではないかと書かれている。

上記の水谷元会長が1億円を石川議員に渡したという話も、日刊ゲンダイの取材では、水谷元会長はそんなものは知らないと答えたそうである。

郵政不正事件では偶々証拠自体を改竄したことが、本当に偶然にも発覚したが、もし発覚していなければ、今頃は有罪判決が出ていただろう。

今回の事件も、同じ穴の「むじな」が創作した事件であると思う。これも、偶々石川議員の録音という物証がなければ、石川議員が、その捜査の不当性をいくら叫んでも、「言った」、「言わない」の水かけ論で負けるであろう。

石川議員の裁判が、来週7日から始まる。また石川議員側は、当時10時間に亘って東京地検特捜部民野検事により監禁に近い取り調べを受けた女性秘書の証人喚問も要求している。

いままでは、全て検察から在ること無いことについてマスコミへリークされた。今度は、裁判で誰でも聞けるオープンな場となる。つまり密室ではない。マスコミを通さないネット情報が手に入る。

ネットが真理を明らかにしてくれるだろう。


石川議員再聴取やりとり詳報 
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011013001000608.html
 東京地検特捜部の検事が衆院議員石川知裕被告を再聴取した際の主なやりとりの詳報は次の通り。
 検事「石川さん、録音機持っていない?」
 議員「大丈夫です」
 検事「この前もさ、そういうこと言っててとってたやつがいてさ。大丈夫? 下着の中とかに入っていない?」
 議員「大丈夫です」
 検事「(一部報道にあった別件の疑惑で)『しかるべき時期に議員辞職します』みたいな内容の調書があったじゃない」
 議員「はい」
 検事「そりゃもうそんなの出したら大騒ぎだからね。まあ現状でいく限りね、(上司は)そんなもの世に出そうなんていう気はないと思うけど、これがまた変な方向へね、鈴木宗男(元衆院議員)みたいに徹底抗戦みたいになっちゃうとさ、『やれるものはやれ』と」
 議員「私に今日できることって何ですかね」
 検事「無難なのはさ、従前の供述を維持するのが一番無難だって。検審の、うちの方針もそうだけど、石川さんが今までの話を維持している限り、(小沢一郎民主党元代表は)起訴にはならないんだろうと思うんだよ」
 議員「今日の調書は検審も見るんですよね」
 検事「見るよ。そのために取るんだから。見せて、検審が(小沢氏は)絶対権力者であるというところにどれだけ疑問を持つかっていうかさ。絶対権力者とか何とか言われてるけれど、きちんと話をして、逮捕されている時と同じ話をして」
 議員「圧力はかかってません。今日も自分の思いを、やっぱり変えようと思う部分を、変えられたらいいってことだけです」
 検事「今度の判断は重いからね。強制起訴までは不要と検審の4人が言ってくれれば、不起訴不当で終わるわけだから」
 議員「先に(議決を)出した5人の人がまだ残っているんでしたっけ? その人たちも変えてくれればいいですけどね」
 検事「だから最初に言ったように、ここで全部否定することは火に油を注ぐことになるよね。ここで維持することが彼ら(審査員)の気持ちをどう動かすかだよね」 
議員「今回(再聴取に)応じないっていう線もあったんですよね、選択として」
 検事「あった。あったけど、それは一番最悪だよね、検審に対して。うち(検察)にとっても」
 議員「小沢さんが起訴になったら、それはそれで複雑ですよね、私も。いや、検察内でですよ」
 検事「検察が起訴した場合、いや、しないよ。石川さんが供述を維持する限りそれはできない」 
検事「陸山会の2004年分収支報告書への不記載、虚偽記入の理由ですが、『私(議員)は深沢8丁目の土地を購入するに当たり、小沢先生から提供を受けた4億円につき、小沢先生が政治活動の中で何らかの形で蓄えた簿外の資金であり、表に出せない資金であると思ったため、これを04年分の収入として収支報告書に記載しませんでした』」
 議員「いや、購入した不動産が明るみに、公表されるのをずらすということが一番の主眼点で、4億円が明るみに出るのを避けるためっていうのは、今でもやっぱり、そんなことはありませんとしか言えないんですよ」
 検事「だったらこうしようか。今まで通りの供述をした上で、最後のところで調書を読み聞かせした後、最後にその4億円についてね」 
議員「4億円を隠したいがためっていうのがね、どうしても引っ掛かるんですよ。土地登記の公表をずらすことが主眼で経理操作したっていうのが実際の話なんで」
 検事「修正できるところはするけど、ただ、趣旨を、要するに隠そうとは思っていないというのはまずいと思うから。だからそこをうまく、まず4億円ありきではないんです、という風に修正していくしかないよね」
 議員「4億円がいかがわしいお金だなんて、実際どう作られたかなんて私には分かりません」
 検事「そこは4億円不記載には関係ないよね。不記載で起訴されているから、もうしょうがない。不記載にした理由は何なのってなった時に、みんなはゼネコンからの裏金に決まってると思っていて、だから書けないんだってなる」
 議員「そういう意識はない。汚いお金だから4億円を何が何でも露見したくないっていうのは今でも違うと言いたい」
 検事「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、別に水掛け論になるから相手にしなくていいんだよ。証拠ないんだから」 
議員「そういう疑問を持ったことがないんで」
 検事「俺はそこ責められてるの。上が『本当にこんなこと言ってんのか』って言うわけ」
 検事「例えば、(小沢氏に)報告、了承してませんというふうになったら、強制起訴の可能性が高くなるよね


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 58

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック