誰も自己中のマスコミの言うことは信用しない。解散を恐れていては変革は起こらない。

朝日新聞が菅政権が危なくなって、まるで社としての品格ある社説が書けなくなってきている。まるで、ヒステリックで、哀れな遠吠えのように響く。朝日新聞は、先日16名の党派離脱議員に対して口を極めて非難している。問題の部分を抜き出した。

小沢氏系造反―異様な行動に理はない 
政権党に属しながら、国民生活を人質に取って「倒閣」に乗り出す。政党人として到底許されない行動である。
 小沢一郎元代表を支持する民主党の衆院議員16人が、国会内の民主党会派からの離脱を表明した。16人は予算案や関連法案に反対する可能性も「あり得る」と明言している。
 16人は「造反」の大義名分として、菅政権が国民との約束であるマニフェスト(政権公約)を「捨てた」と断じるが、見当違いもはなはだしい。
 ばらまき型のマニフェストが財源不足で破綻(はたん)していることは誰の目にも明らかだ。必要なら見直すのは、政権与党のむしろ責務だろう。確たる恒久財源の当てもなく、「マニフェスト実現」のスローガンばかりを繰り返す方がよほど無責任である。
『この造反が罪深いのは、菅首相に打撃を与えるからではない。有権者が「そんなことをしている場合か」とあきれかえり、政権交代への幻滅や政党政治そのものへの冷笑という病をさらに重くしかねないからである。 』
『野党第1党である自民党、そして公明党との政策協議に本気で向き合うしかない。そのためにマニフェストの見直しを一部先行させ、大胆な予算修正もためらうべきではない。』


何を言っている。少なくとも一昨年の夏の総選挙では国民はマニュフェストを見て投票したのだ。それが、悉く反故にされたではないか? 社説中の「(政権公約)を捨てたと断じるが、検討違いもはなはだしい」と書いていりが、なぜ検討違いなのか? これは朝日の一部の考えだろう。16人が声明文で述べた通りだと思っている国民が大多数であることは、マスコミが好きな世論調査なるものが示しているだろう。都合の良いときだけ、世論調査を錦の御旗にして、都合が悪くなれば、自分たちの言うことが世論だという欺瞞は通じない。少なくともマスコミの言うことは、信用しなくなった国民は何を言ってんだと言いたい。

また、「政権交代への幻滅や政党政治そのものへの冷笑という病をさらに重くしかねないからである。」と書いているが、これも朝日の勝手な言い分だ。あなたたちがやっている世論調査でも半分以上が早く解散して民意を問えと言っているではないか! 何が冷笑か?拍手喝采ではないか!

また、野党の言うことは聞きまくって「大胆な予算修正」を行っても延命しろという。これもおかしな話だ。努力もほとんどしないで次々と済し崩していくぐらいなら解散した方がいい。


日本一新の会のメルマガが届いたので紹介する。朝日が政権に媚を売って、自己の利権を守ろうとする姑息な世論操作などより、平野氏が書いた考えの方が世論の鏡である。


◎「日本一新運動」の原点―42
日本一新の会・代表 平野 貞夫

○憲政史に残る民主党十六名の志士

 2月17日(木)、民主党衆議院議員16名が「民主党政権交代に責任を持つ会」(通称:民主党国民の声)を結成、「民主党・無所属クラブ」の岡田克也会派代表に会派離脱届けを提出した。同時に新会派届けを衆議院事務局に提出したが、岡田会派代表から16名の議員が離脱した旨の届けがなされるまで、新会派届けは衆議院事務局預かりとなった。

 突然の出来事で、永田町は大騒ぎとなった。ほとんどの政治家と記者たちは、この十六名の活動と手続の真意を理解できないようだ。岡田会派代表に至っては、「会派離脱届は無効だ」と、司法試験勉強中の学生のような発言をしている。とても政治家の感性を持っているとはいえない。新会派結成宣言を真摯に読むべきだ。
 宣言文は「菅政権は国民との約束・マニフェストを捨て、政治主導の御旗も捨て、国民の生活が第一も捨て、本来の民主党そのものを捨て、民主党の支持の上に比例代表で当選した我々の存在意義すらも打ち消した」と、単独比例で選出された国会議員の心の叫びを列挙している。そして「我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙っていない」と、はっきりとその覚悟を示している。久しぶりに見る政治家としての志に敬意を表したい。

 私は昨年以来、わが国の議会政治の劣化、特に国会議員の志の低さと、見識のなさを批判し続けてきた。先週のメルマガ・日本一新で、「完全にファシズム化した民主党が、このままの状況であってよいだろうか。民主党所属議員たちよ、エジプトの民衆の方がましだと言われないよう、国家の危機に対処して欲しい。来週の動きを期待して注目している」と結んでおいたが、16人の志士は「日本一新の会」の願いを見事に果たしてくれた。
 この16人の「民主党政権交代に責任を持つ会」のこれからの展開を予測しておこう。前例のないことだと、新会派の結成を葬ろうとする意見があるが、実は前例があるのだ。平成7年1月17日、当時の社会党で山花貞夫衆議院議員ら17名が、村山自社さ政権に反対し、社会党に会派離脱を提出したことがある。丁度、この日の早朝に阪神淡路大震災が発生し、この会派離脱届けは国会で議論されることなくウヤムヤとなった。手続としてどういう問題があるかといえば、岡田会派代表の主張する「無効論」は間違っている。同じ党籍で会派を複数持つことは理論的にはあり得ることだ。

地方議会では自民党籍のまま二つの会派が存在するのはざらにある。民主党にも金沢市議会では、民主党員で「金沢民主議員会」と「民主クラブ」の二つの会派がある。また、福井県議会でも、「民主党・一志会」から会派離脱した「希望ふくい」があるし、丹念に調べればもっとあるのだろう。従って国会でも法規的に妨げるものはない。
 かつて、菅首相が所属していた「社民連」という政党が、「社会党会派」と「民社党会派」に所属していたことがある。このことについて議院運営委員会で議論した前例がないだけである。

 その議論を始めるためには、岡田会派代表が16人が離脱した旨の届けを出すことが必要となる。多分、岡田会派代表は党の方針に従わないとして、党規違反の処分をしてくる。16人の志士たちには、菅政権と岡田執行部の行動こそ「党規違反」として、民主党の機関に提起して議論すればよい。しかし、岡田執行部は異常な党運営で引き延ばしを図ることになろう。結局は、ある時点で党の離脱「新党の結成」やむなしとなる可能性がある。
 となると、統一地方選を目前に「衆議院解散」という緊張状況を背景に、民主党内の問題を離れ、与野党にわたって、菅政権を継続させることが国益となるか、という政変モードとなろう。そこで混乱を深めるか、冷静にわが国の政党政治のあり方について議論が起きるか、重大なポイントである。折から地方政党の活動が注目されている。16人の志士の決断は、このようにわが国の政党政治の構造・システム改革のきっかけになる可能性がある。
「日本一新の会」は、こうなることを期待している。

(京都から日本を変えよう)

 東京は永田町で、民主党16人の志士の決断により、菅政権やマスメディアの大騒ぎが収まらない18日の午後、私は京都で、「日本一新の会」の行事に参加した。日本一新の会・京都支部で「河上みつえ元衆議院議員後援会主催の「居酒屋ミニ集会」に出席のためだ。せっかくの機会なので、多くの人が集まりやすい、「四条河原町」で街頭演説もやろうということになった。

 私は、土佐は四万十川・足摺岬生まれで、京都の戦乱の落人が先祖であることから話を始め、現在の日本政治で最優先すべきことは、菅首相の退陣により、党派を超えて健全な常識を持つ政治家で救国・選挙管理政権を樹立すべきだと訴えた。

 最大の理由は、エジプト改革から始まった中東の問題が紛争から戦争に変わる可能性があり、世界の混乱が激しくなる中で、菅首相では日本は生き延びていけないことである。更に、日本政治の劣化の最大の原因は、政党の劣化である。既成政党である民主党・自民党・公明党・共産党・社民党は、いずれも二十一世紀の変質した資本主義と情報社会の中で、いかなる政治を行うべきか、反省も展望も持っていない。どの政党も民意を代表し、指導する能力を失っている。

 民主党の16人の志士の動きは、彼らが意識していないかも知れないが、政党政治を改革する出発点である。天命が16人の志士にそれを命じたといえる。この京都には昔から秀れた政治家が出て活躍した歴史がある。現在でも、谷垣自民党総裁や前原外務大臣がいるが、この人たちがどの程度、自己の利害を捨て、国家と国民、そして人類に尽くせるか、新しい政治の仕組みを真剣に考えて欲しい。

 民主党に会派離脱届けを出した16人の志士のことを、巨大メディアは口をそろえて、背後に小沢一郎がいるとか、単独比例の生き延び策と、意地悪く中傷している。私には彼らの志が新しい日本をつくる原点になることがはっきりと見える。既成政党と巨大メディアの不条理な生き残りを許してはならない。16人の志士の行動は、多くの国民が心で考えていることを実行してくれたと思う。
 坂本龍馬は生きている。十六人の志士の心の奥深くーーー!。


拍手喝采である。マスコミがどんなに悔しくて何を言おうと16人の志士が出てきたから、党の閉塞感が打破され、少し遅すぎると思うが、今まで沈黙していた松原議員ら、樽床議員からも今の菅政権に対して批判が出てきた。菅は税と社会保障の一体化をあくまで6月までにまとめると言っている。自民党からはみ出た与謝野が主体で考えた消費税ありきの一体化は誰も信じないし、いい加減な制度を作られても困る。

ここはもう既成政党の枠にこだわっていては日本の未来はない。河村市長が唱えている「減税日本」党のような強烈な党が核にならないと日本の政治体制は官僚政治のままで、かえって反動で、自公時代よりさらに官僚的になるだろう。ここは解散を恐れては先に進まない。これがマスコミ、官僚などを含めて旧勢力がもっとも恐れていることだから。

この混沌とした変革の時、世界の中の日本の政治状況を切り開いて道筋を作るのは、やはり小沢さんしかいないだろう。そのためにもマスコミに対抗するため、ネット社会から支えなければならない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ****←お手数で申し訳ありませんが、もう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 101

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック