前原前大臣のやり残し八ッ場ダム問題、やはりまたか!

本ブログで度々前原氏を取り上げ批判している。

最初の批判のきっかけは、小沢氏の政治とカネについて、枝野氏、生方氏などと一緒に小沢氏の後ろから批判の弾を打っていたことに始まる。小沢氏を向こうに回して勇気ある人であるかのように思わせ、マスコミもその発言を利用して小沢批判を煽っていた。

なぜ前原氏をこれほど批判するようになったかを考えてみた。私も少しは会社生活などで揉まれ、いろいろな人生経験をし、人を見る目もそれなりにあると思っている。

その経験から前原氏は最も嫌いなタイプのひとりである。このタイプには生方氏や枝野氏も入る。それは、口だけは達者で他人を批判して大口を叩くが、有言実行の責任を取らないからである。

個人的な好き嫌いは誰にもある。しかし、前原氏の発言は一方的で柔軟性が無く、また行動(実行)力に危うさを感じる。これが野党の議員なら、政権としての政治に関与しないので危険はない。しかし与党の重要閣僚として日本の進路を誤らせる危険性を感じる。以下にその例を上げる。

今政権を揺るがしている尖閣諸島沖の中国漁船の拿捕は、海上保安庁を監督していた前原前大臣の判断であり、その後の外交に関しての責任も前原氏が負っている。

また最近の日中関係の悪化も中国が名指しで非難するように前原大臣の言動が端を発している因るところが大きい。これらの一連の成り行きは、明らかに前原氏の発言と実行がうまく機能していないからである。面と向かっては中国のような苦手な相手との交渉はうまく行かず、場外での「犬の遠吠え」だけは勇ましい。

上記と関連して、今回前原氏についてまた書く気になったのは以下の報道を見たからだ。前原氏のやった仕事は、JAL問題、高速道路問題、中国問題等、なぜか全て途中半端で、八ッ場ダムもやはりまたかと思った。

八ツ場ダム、「中止」の前提を事実上撤回 馬淵国交相
http://www.asahi.com/politics/update/1106/TKY201011060194.html
 馬淵澄夫国土交通相は6日、八ツ場ダム(群馬県)建設の中止か継続かを判断する検証作業を来年秋までに終わらせると表明した。前原誠司・前国交相が「中止の方向性を堅持する」としてきた基本姿勢について、馬淵国交相は「今後、『中止の方向性』という言葉には言及せず、一切の予断を持たずに検証する」と述べ、中止の前提を事実上、撤回した。群馬県長野原町で同県の大沢正明知事らと会談し、明らかにした。


八ッ場ダムの中止は、民主党のマニュフェストの象徴的な重要な目標であった。前原前大臣は意気揚々と格好良く中止とぶち上げ、これからダム中止について懇切丁寧に地域住民に理解を求めていくと言っていた。

しかし、その後ほったらかしで住民の説得に動いた気配もない。そのうち馬淵氏に大臣を禅譲しどうなるかと思っていたが、やはりというかダム本体ダムは中止にはしないと述べた。

またかという思いである。民主党はいったいどうなっているのか。企業献金然り、マニュフェストの民主党の重要施策が消え、民主党は自民党と区別がつかなくなってしまった。

昨年、民主党に投票した票を返せと言っても返ってこない。支持した国民も呆れ果てている。これでは来年の統一選挙は大負けするであろう。それも小沢氏のせいというだろうが。

前原氏を批判しているが民主党の最終責任は菅首相である。しかし、小沢氏がニコニコ動画で話したように何としてもやるという気概もなく責任も取らない。

前原氏の場合、小沢さんのように人間的な暖かさと懐の深さを感じない。発言が一方的で、立ち位置も米国一辺倒である。民主党の偽メール事件のとき小沢氏が代表だったら永田議員も死ななくて済んだと思っている。日本にとって有為な政治家を死なせた。

昨日、マスコミ世論とネット世論というタイトルで考えを述べた。マスコミ世論に言わせれば前原氏が次期首相候補の筆頭という。これを聞いて、マスコミ世論が如何にいい加減で危ういかが分かる。

それにしても本当に前原氏の首相だけは勘弁してほしい。日本を危うくする。ネット世論では前原氏の実力は上記に書いたようにダメ出しされている。

何度も言うが、小沢氏に首相になって日本を救ってもらはなければならない。


PS::ここで以下の拡散希望の情報がありましたのでお知らせします。


< ネット大集合!>

ネットから多様な、正確な情報を得、自分の目と頭で判断を
出来るようになった市民は、個々に声をあげてきました。
今度は、顔と顔をあわせ交流をしませんか。

この大会に参加する人々に向けての、小沢さんからの
ビデオレターがあります。

この大会を、私たちネットから真の情報を知った
人々の交流の場とし、ユルヤカナ連帯を結びませんか。

ぜひ皆様、ご参加ください!


【ネットが世論を変える~検察・メディア・民主党】


主催 「小沢一郎議員を支援する会」 「日本一新の会」

日 時 平成22年11月24日(水) 

    午後6時 開場  午後6時半 開始

場 所 豊島公会堂

   〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-19-1 

   TEL:03-3984-7601

講演者 川内博史 氏(衆議院議員)

     辻  恵 氏(衆議院議員) 

     三井 環 氏(元大阪高検公安部長)

     戸田邦司 氏(元参議院議員、日本一新の会顧問)

ビデオレター: 小沢一郎元民主党代表 

司 会 小沢遼子 氏(評論家)

参加費 お1人様 1,000円


************************************


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック