毎日新聞よ、「勘違い」は毎日新聞自身ではないか

昨日と今日のカナダde日本語さんのブログに、本ブログ記事「朝日新聞よ、こんな社説しか出せないのならもうおしまいだ!http://31634308.at.webry.info/201008/article_20.html」を紹介して頂き、従来以上の賛同を頂いた。同じくカナダde日本語さんで紹介されていた板垣 英憲氏のブログの記事「小沢一郎が勝てば、菅直人、仙谷由人、枝野幸男、野田佳彦4人組は、民主党に居場所がなくなる運命にhttp://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/b7e1112ada691648360c05fb766f3fcf?fm=rss」も同じような内容を言っていることを知り意を強くした。

カナダde日本語さんにも紹介されているように、ほぼ主要なマスコミ紙が小沢氏の出馬が濃厚になるほど小沢氏の出馬阻止の大キャンペーンをやり出した。その中で毎日新聞の社説が一番ひどいと書かれている。以下に既に読まれた方がいると思うが再度紹介する。

社説:小沢氏擁立論 民主党の勘違いに驚くhttp://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100822k0000m070108000c.html
 「同時退場」してまだ3カ月足らずの鳩山由紀夫前首相と小沢一郎・前民主党幹事長を約160人の同党所属国会議員が取り囲み、「気合だ」の掛け声とともに歓声をあげる--。19日、長野県軽井沢町にある鳩山氏の別荘で開かれた懇親会の光景をテレビ映像で見て、「この時期、一体何をやっているのか」と違和感を覚えた人は多いのではなかろうか。しかも、党内の一部では9月の党代表選に小沢氏の出馬を求める声が強まっているという。
 勘違いぶりに驚くほかない。
 与党の代表選は実質、首相を選ぶ選挙だ。言うまでもなく小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件はまだ決着していない。小沢氏が強制的に起訴される可能性がある検察審査会の議決が今秋に控えている。首相に就任すれば野党は連日、この問題で攻め立てるだろう。果たしてこれまで一度も国会の場で事件の説明をしていない小沢氏が乗り切れるだろうか。国会は直ちに動かなくなる公算の方が大きい。
 民主党は野党時代、自民党の首相が次々代わるたびに「衆院を解散し、総選挙で信を問え」と要求してきた。わずか1年で鳩山前首相、菅直人首相の2人が交代するとなれば当然、解散するのが筋だが、「小沢首相」のもとで衆院選に臨む覚悟が民主党議員にあるようにも思えない。
 各種の世論調査では「小沢首相」には反対する声が大勢だ。その理由は、「古い体質」を象徴しているような政治とカネの問題だけではないだろう。小沢氏は菅首相が昨年の衆院選マニフェストを修正しようとしていることを批判しているようだが、そもそも「政権交代すれば、いくらでも財源は出てくる」と財源論をあいまいにしてきたのは小沢氏と鳩山氏である。民主党政権への失望は、既に「小鳩」体制時代に始まっていたことを、小沢氏を支持している議員たちはまるで忘れてしまっているようだ。
 党内の混乱をつくり出しているのは菅首相自身でもある。消費税増税問題をはじめ、これだけ内外に課題が山積しているというのに、党内の反発を恐れるばかりに、最近は自分は何をしたいのか、一向に明らかにしない状況が続いている。これでは求心力は失われる一方だろう。
 私たちは今度の代表選を党の政策と結束を固める場にするよう求めている。だが、相変わらず「反小沢対親小沢」の対立だけがエスカレートしている現状を見ると、それは望み薄だと言わざるを得ない。求められているのは党内の主導権争いではなく、政策を一歩でも二歩でも進めることだ。所属議員全員が少し頭を冷やしたらどうか。


「何をやっているか違和感を覚える」と書かれているが、それこそ毎日新聞は自分自身が勘違いしているのではないか?小沢氏の行動を逐一取材して置きながら、まるで初めて見て感想を述べているような幼稚な書き方に(社から書かされている?)記者の哀れさがを感じる。本人も心底そう思っていているのであろうか?本当にそう思っているのなら目が完全に曇っている。どちらの意見にも公平な見方をする公共のマスコミとは言えない。単なるどこかの党の機関紙のようなものでいずれ淘汰されるであろう。

しかも、昨日の本ブログで書いたように、小沢氏は政治とカネ、その関連の検察審査会があるから出馬するなと暗に述べている。しかも、35万人の党員・サポーターが投票する直前にこのようなネガティブキャンペーンを行う。これは通常選挙から言えば明らかな選挙違反、選挙妨害である。小沢氏が出馬することは憲法で保障されている行為である。言論を守るマスコミが言論を使って候補者を封殺する行為ということがわからないのか?

各マスコミが金太郎アメの如く同じ言いがかりで批判している。こと小沢氏が絡む批判、特に政治とカネはまるでマスコミが談合をして報道しているように思われる。それほど批判の内容が酷似している。

しかし、この政治とカネの問題は、例えば植草一秀の『知られざる真実』の「小沢氏支持主権者国民派はマスゴミと闘うべし
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-53c1.html」に書かれているが、小沢氏の「政治とカネ」の問題はこれだけマスコミに批判される類のものではないことが分かる。つまり資金の記載時期がずれているだけで、普通は総務省の指摘で多くの政治家がやっているように修正で済むものである。

検察審査会の告訴人もネット社会では小沢氏個人と利害のない在特会の某氏ということが定説になっている。特に小沢氏の件は、告訴人をどういう基準で受理したのかも闇の中である。

特に陸山会事件で石川議員が逮捕され事情聴取を受けた際、検事からあなたがお金の授受を認めなくても小沢氏には検察審査会が待っていると言われたそうである。石川氏もそのときは何のことか分からなかったが、それがいずれ現実となったときは愕然としたそうである。

検察は石川議員が認めなくても次の手段を考えていたことになる。それも誰が告訴するか本来わからないものを言う事はあり得ない。不思議なことに石川議員の釈放辺りから、急にマスコミが小沢氏の検察審査会が次にあると報道し出した。大阪高検の三井元部長の逮捕(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E7%92%B0)を思い出させる。善人を必ずしも守ってくれない司法に日本の暗部を見る。

国民はもうマスコミの手法は分かってしまった。学習した。このネタで小沢氏を非難するほど、オオカミ少年の話のようにまたかと思ってしまう。元民主党の石川議員の西松建設からの5000万円授受の場面のスケッチ要りTV報道の話も、大阪特捜部が捜査した郵政不正事件のように西松建設側証人の虚構であるらしいことが分かってしまったが、マスコミは訂正報道もしなく口を噤んでいる。

また、鳩山政権を退陣させた普天間基地移転問題でも連日各社があれだけ基地移転反対と世論を煽って置きながら、菅政権になってからは米国との約束の状況はさらに緊迫しているというのに物の怪が落ちたように一切基地反対の報道は無くなった。連日登場していた徳之島の町長たちもその落差に驚いているだろう。

こういうマスコミの報道の光景を見せられて、今回このような社説でいくら訴えても誰も信じない。政治とカネ、検察審査会の問題は、昨日原口大臣も同じ論理でマスコミや党内の牽制を批判している。

原口総務相、小沢氏出馬けん制を強く批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100822-OYT1T00513.htm?from=main1
 原口総務相は22日、民主党代表選への出馬を検討している小沢一郎前幹事長に対し、今秋予想される検察審査会の議決を持ち出して出馬をけん制する声が党内で出ていることについて、「昨日、今日と検察審査会についての言及があるが、推定無罪の原則が民主主義の鉄則だ。民主主義の原点を踏み外した発言はすべきじゃない」と強く批判した。
 佐賀市内での党会合で語った。原口氏はその後、記者団に「検察審査会によって、一国の国家の代表を決めるようなことではない、というわきまえた行動が必要だ」と強調した。


また社説には「小沢氏が首相に就任すれば野党は連日、この問題で攻め立てるだろう。果たしてこれまで一度も国会の場で事件の説明をしていない小沢氏が乗り切れるだろうか。国会は直ちに動かなくなる公算の方が大きい。」と書かれている。

だからどうだと言うのだ。小沢氏が国会で一回も説明していないと言っているが、小沢氏が首相になり、そういう場面があれば当然小沢氏が答えるだろう。小沢氏は出馬するなら覚悟の上だし、乗り切るという強い意志で臨むだろう。そんなことを毎日新聞が心配(期待?)しても始まらない。小沢氏にとっては迷惑千万であろう。

それをよりも、痛いぐらい傷め続けられた思いを逆に首相の権限で、マスコミ、検察の今の状況を正常な姿に戻すべく剛腕を発揮するだろう。またそれをしない限りマスコミがいつも批判するコロコロ変わる政治が無くならない。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック