いよいよ、また日本の進路を決める関ヶ原の戦いが始まる

小沢氏が19日軽井沢の研修会に出席したが、まだ小沢氏が出馬するかどうか正直半信半疑であった。しかし、その後の両陣営の動きを見ると選挙対戦前夜の様相を帯びてきた。まさに全国規模で日本の進路を決める関ヶ原の戦いが始まる。

マスコミが党内でそんな争いをしている暇はないなどと言っているが、これは違う。まさに昨年夏の政権を信じて投票した原点に戻るか、何も変わらない自民党の延長の官僚政治に戻るかの選択である。

2カ月前の暫定代表を選ぶ選挙とは違う。それも菅氏が鳩山政権の暖簾を引き継いでいたのならこんな事態にはならなかった。もそうだったら民主党を支持してきた国民もこれほど菅氏を批判しない。ブログの世界もかつて民主党を支持してきたブロガーが2チャネラーと間違うほど強烈に菅氏を批判しているのは自民党時代と変わらない方向に政治を進めているからである。私などは、そういう民主党を批判しているブログ記事を読んで妙に納得するのが怖い。

この反菅の党内の動きをあたかも小沢氏グループが単に冷遇されているからというような矮小化してマスコミも言っているが、前述したようにそんな小さな理由で動いているのではない。小沢氏のサイトの掲示板には、小沢氏の出馬の願いが掲載が間に合わないぐらい殺到している。願望を通り越して悲願、悲痛な思いが綴られている。マスコミの作られた浮草のような移ろう世論とは違う。根の生えた真実の思いである。

報道によると19日の小沢氏が駆け付けた会場に呼ばれてもいない荒井大臣がスパイ?として出席していたということである。本人も本当は出席したくはなかったであろう。しかし、あれだけキャミソール大臣と言われ菅政権に迷惑を掛けたので恩を返すために出席したと思う。義理を果たすことはつらいものである。

それにしても反小沢陣営からマスコミと同じ「政治と金」のネタで小沢氏をあからさまに攻撃し出した。今まで枝野氏、前原氏が批判していたが、さすがに幹事長になって、選挙に大敗してから大口を叩けなくなり、その代役をすっかり蓮舫氏に任せたようである。蓮舫氏も随分偉くなったものである。調子に乗り過ぎると痛い目にあうことを分かっていない。

その中で、岡田大臣が先日の発言に続き、内閣の閣僚、つまり検察等の行政を司る最高機関の一員でありながら、検察審査会で「起訴される可能性のある方が代表、首相になるということには違和感を感じている」と述べた。

これは、メルマガ「日本一新の会」の報告で平野前議員が述べたように行政機関のトップの一員として、起訴される可能性を言及するということは、憲法の3権分立の制度を超えた発言である。ある意味小沢氏に脅しを掛けているようなものである。つまり、検察審査会のメンバーに起訴してくれと行政府機関の一員として発信しているようなものである。

検察は4度目の事情聴取をやっても「不起訴」とする見通しと各紙は既定事実のように報道している。つまり新聞社がそんな事を勝手に書けるはずないので、検察自身が起訴は出来ないと司法クラブでリークしていると思われる。

万歩下がって、仮に11名のズブの素人集団が血迷って起訴相当と議決したとしても裁判で黒と出ない内は「推定無罪」である。岡田氏が憲法に触れるこれほどきわどいことを言うのは、自分のグループのメンバーを持たない身としての精一杯の菅側グループへの献身であると考えている。

一方、小沢を支持しているグループでは、今まで山岡副代表しか表に出て来なかったが、以下のニュースのように鳩山グループ、小沢グループの双方の主要議員が動き出した。

小沢前幹事長に出馬促す 平野、樽床氏ら一致
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010082001000684.html
2010年8月20日 23時20分
 民主党の平野博文前官房長官、樽床伸二国対委員長らは20日夜、党代表選対応をめぐり都内で協議し、小沢一郎前幹事長でないと「難局を乗り切れない」として、出馬を促すことで一致した。今後は小沢氏に近い輿石東参院議員会長を通じて働き掛けを強める。一方、菅直人首相の再選を支持する前原誠司国土交通相を中心とした議員グループも会合を開くなど、双方の駆け引きはさらに激しさを増した。
 平野氏らの協議には、ほかに三井弁雄国対委員長代理、松井孝治前官房副長官ら有力議員計6人が出席。それぞれが中間派取り込みなどの多数派工作で、小沢氏出馬の「環境づくり」を進めることも決めた。(以下省略)


ここまで来れば、小沢氏の出馬は本物と確信出来る。また、どういう風向きか分からないが、みんなの党の渡辺代表が以下の記事のように小沢氏の出馬にエールを送っている。

「闇将軍ダメ」…渡辺代表、小沢氏の出馬促す
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100820-OYT1T00831.htm?from=top
 みんなの党の渡辺代表は20日の記者会見で、民主党の小沢一郎前幹事長が党代表選出馬を検討していることに関し「民主党の権力構造は小沢氏抜きには語り得ない。闇将軍化するのは良くない。堂々と表に出て勝負したらいい。傀儡(かいらい)候補の争いになったら国民はがっかりする」との考えを示した。


この理由を推測すると、日刊ゲンダイが昨日の『永田町が注目する 菅と加藤紘一の“怪しい関係” http://gendai.net/articles/view/syakai/125909』の記事が現実性を帯びて来る。つまりこの記事は菅政権が気心の知れた加藤氏、谷垣氏を通して自民党と大連立を組む可能性を言っているが、渡辺代表が菅氏の動きを牽制しているとも取れる。

「政治とカネ」、「普天間」問題は今回の内部の代表選挙で争点になってくるが、外野席のマスコミも「政治とカネ」について攻撃を仕掛けてくるだろう。したがって、小沢氏は代表選挙で勝利した場合、選挙が終わったすぐ後の4回目の事情聴取を受けた段階で、国会等で何らかの決着を図る行動を取ると思われる。また、そうしなければならないと思う。それをやらないと延々と言われ続けるからだ。

小沢氏が選挙に勝てばやはり 軽井沢で言ったように「みんなでがんばろう」と挙党一致をすべきである。鳩山氏もそれを条件に小沢氏を支持すると思われる。

ただ小沢氏が勝利したなら、さんざん苦労させられた司法、また官僚に取り込まれてしまったような省の大臣は交替させるべきで、小沢氏の目指す「生活が一番」、「脱官僚」を実現するために代表選に勝利するまで何としても頑張ってもらうしかない。

日頃、ご支援ありがとうございます。ありがたく思っています。

少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック