国民感覚から遊離して、どこかピンが抜けている菅政権

キム・ヒョンヒ元死刑囚が帰国した。今回の一連のキム・ヒョンヒに対する菅政権の対応を見て、やはり国民感情を考えないで唐突に消費税などを言いだしたことと同じ根を感じてしまう。

国民感情がわからないというか、相変わらずピンが抜けている菅政権と言いたい。

今回は公平に見て、明らかに野党が批判しているように、落ち目になってきた菅政権の姑息なパフォーマンスと見るべきであろう。このパフォーマンスで人気が回復すると思ってしまっているところが、消費税の話と同じようにこの政権が救われないところである。

別に拉致問題解決に文句を言っている訳ではない。しかし、なぜ小型ジェット機をチャーターして、大金を掛けて鳩山元首相の別荘で会談させなければならないのか?また、警備の理由とかで、ヘリコプターで富士山遊覧を兼ねて移動しなければならないのか?

またキム・ヒョンヒが料理をしている場面を国民に見せたが、何を政府は国民に訴えたいのかと問いたい。私が責任者なら絶対このような場面は出さない。かえって国民感情を損なうからである。

これらの行為は全く私的な話である。逆に日本の国内でも行きすぎと見えてしまうぐらいだから、このようなパフォーマスを見せつけられた北朝鮮はもっと怒っているだろう。

今回の関連費用は一説には1億円以上とも言われている。情報を得るためなら、関係者が韓国に行った方が余程安あがりである。特に有力な情報が無いことは予めわかっていたはずである。

キム・ヒョンヒが横田めぐみさんが生きていますよと横田夫妻に内輪で言うことはいいが、公の場で報道させたことは、北朝鮮にとってはあからさまな挑戦と取るだろう。かえって北朝鮮は、メンツに掛けても拉致された人達を今まで以上に人目につかないようにするだろう。

上記結果が政府のパフォーマンスのための演出であったらむしろ悲劇と言える。菅政権を見ているとやはりオコチャマ政権と見えてしまう。どこかピンが抜けている。それが良かれと思っていることと思っていることが救われない。今回の演出は政府の思惑と反対に支持率を下げたことになるだろう。

まだ、国会で予算審議など一切まともな仕事をしない内にどんどん化けの皮が剥がれている。みんなの党が新参議院議員の給料を日割にすべきと提案している。民主党も基本はOKだが、臨時国会の日数が延びるのがいやという理由だけで拒否し、秋の国会にしたいとしている。まさに逃げ菅である。

黙っているだけで化けの皮が剥がれるぐらいだから、国会で論戦が始まればすぐに行き詰るのは目に見えている。

個人的には、代表選前の臨時国会で菅首相の化けの皮が剥がれると見ている。野党に責められてかんかんになって怒鳴る菅氏が見られるかもしれない。そうなったらおしまいである。

菅氏の最大支持者であった前原氏の発言を聞いていると菅氏を見限るかもしれない。代表選が楽しみである。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック