石原知事、高橋大輔のフィギャア銅メダルはそんなに快挙かねと発言

日頃、問題発言をする人であるが、また知事会見の中で、冬季オリンピックについての発言が、毎日新聞WEBに以下のように掲載された。

石原語録:知事会見から 冬季オリンピック
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100220ddlk13010289000c.html
◇「何でも国家」はいいトレンドじゃない--冬季オリンピック
【冬季オリンピック】
--バンクーバー五輪で、力を出し切れない選手もいるが、それは日本国内の教育の問題も加味されてくるのではないかと。
◆日本勢が不振なのは誰が見ても確かだと思いますね。選手が思ったより高く飛べない、走れないというのは、重いものを背負ってないからだと思うんだよ。国家というものを背負ってないからだと思いますね。
 教育の問題が出ましたが、修身の復活なんて陳腐に思えるかもしれないけど、考えてみた。やはり刷り込みなんだね。責任であるとか、義務、友情、奉仕は幼児のころから基本的なルールを、九九と同じように刷り込みをしないと大人になって理屈で説いてもダメですよね。

--高橋大輔選手が日本フィギュア男子初のメダルを取った。
◆いいじゃないか。金メダルじゃないんだろ。別に否定しませんよ。しかしそれはそんなに快挙かね。まあ結構でしょう。


これを読んで、本ブログで以前石原知事(http://31634308.at.webry.info/200911/article_2.html)について書いたが、また一言言いたくなった。

今回、高橋選手が男子フィギャア競技において、日本で史上初めて(銅)メダルを取り、国民全体が彼のパフォーマンスに感動し、彼の苦労と努力に賛美と敬意を払った。まだ、感動の余韻も残っている中で、上記のように記者会見で「いいじゃないか。金メダルじゃないんだろ。別に否定しませんよ。しかしそれはそんなに快挙かね。まあ結構でしょう。」では、ちょっとひど過ぎはしないか?

自分は何様と思っているのか!昨年、自分自身は、子供たちにオリンピックの感動を与えるため、正にオリンピック招致に狂奔していなかったのか?もう自分は関係ないから、このような発言が出てくのか。

それも、この招致に150億円も使って。招致に成功したのなら、まだましであったが惨敗であった。この財政厳しい折に、みすみす大金をドブに捨ててしまった。

また、150億円も使ったことを追及されると、財政の余剰金を用いたので、「痛くも痒くもない」と言い放った。一体どういう感覚がわからない。

新政権において、事業仕分けで百万、千万円単位で、少しでも無駄を省こうとしている時代の中で、昔のバブル時代の感覚とその滓を引きずっているとしか言いようがない。

また、政治家にとって一番大切な事は、人に対する思いやりや、その感性である。それが無くなったら、退場して頂くしかない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←何か感じましたらクリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック