かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 希望と民進の統一会派は野党結集にとっては、ベターな再編となるか

<<   作成日時 : 2018/01/15 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 2 / コメント 0

民進党と希望の党が統一会派を組むことが決まった。立憲にも声を掛けたが、立憲は希望から排除された経緯から、声を掛けられること自体が立憲は迷惑だろう。

この統一会派の話が出てきたのを聞いて、そのまますんなり済む話ではないと思っていたら、希望の参議院会派の松沢成文氏から統一に拒否の意見が出た。希望には中山恭子(日本のこころ)や夫のバリバリ右派の中山成彬氏(日本のこころ、元自民、現衆議院議員)が居る。

この拒否に対して玉木代表は、統一会派に賛成の議員たちだけで分党すると述べている。これで、小池氏が本来狙った希望党は幻となって来た。

そもそも、民進ではダメだから小池氏に心を売った前原氏や、民進から飛び出した細野氏、長島氏などはどうするのだろうか?おめおめ統一会派に移ることは信条に反するだろう。

今回の合意文書では、焦点の安全保障法制については「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な見直しを行う」と表現することで折り合った。民進は「違憲部分の削除」と提示していたが、「違憲」の単語を残しつつ、「違憲と指摘される部分」と表現を弱めて合意した。

文書はほかに「安倍政権と厳しく対峙(たいじ)し、強引な国会運営には断固反対する」などの10項目だという。この合意なら、民進議員は敢えて希望の党に移らなくていいはずであった。

希望で立候補するための最も重要な踏み絵は、安保法は合憲で認めるということであったはずである。合意の言葉遊びで繕うおうとしても「違憲」は「違憲」と言っていることには変わらない。

小池、前原によって、なんとも訳のわからない党が出来たが、少なくとも安保法は違憲だといい、安倍政権の国会運営に断固反対の統一会派が出来たことは、ひとつの救いである。

民進、希望が統一会派を作っても、まだ野党乱立の感がある。統一会派と立憲のどちらが野党一党になるも、野党のまとめに影響する。ここはやはり立憲が野党第一党となって野党をリードした方が自公与党には脅威になる。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策検証に必要なメールの1年後自動消去は省庁にとって好都合、幾度もの政策検証をさけたいためだ
 政策検証に必要なメールの1年後自動消去は省庁にとって好都合、幾度もの政策検証をさけたいためだ、省庁で利用が急増している公用電子メールについて、国土交通省は2月から、送受信後1年が経過したものをサーバーから自動的に廃棄することを決めた。保存が必要な公文書に該当するメールは職場で保存するよう指示したが、廃棄可能なメールとして、国会議員からの説明要求の連絡文書などを挙げている。専門家は「政策の検証に必要なメールが消去される」と懸念している。【大場弘行】、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/01/16 10:39
政策検証に必要なメールの1年後自動消去は省庁にとって好都合、幾度もの政策検証をさけたいためだ
 政策検証に必要なメールの1年後自動消去は省庁にとって好都合、幾度もの政策検証をさけたいためだ、省庁で利用が急増している公用電子メールについて、国土交通省は2月から、送受信後1年が経過したものをサーバーから自動的に廃棄することを決めた。保存が必要な公文書に該当するメールは職場で保存するよう指示したが、廃棄可能なメールとして、国会議員からの説明要求の連絡文書などを挙げている。専門家は「政策の検証に必要なメールが消去される」と懸念している。【大場弘行】、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/01/16 16:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
希望と民進の統一会派は野党結集にとっては、ベターな再編となるか かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる