かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 前原氏は、今回の希望への合流は撤回すべきである。

<<   作成日時 : 2017/10/01 20:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 50 / トラックバック 1 / コメント 1

NHKの日曜討論を見て、びっくりしてしまった。

野党側のいつも野党第1党の民進の席に、座っているのは「希望の若狭氏」であった。いつも維新の次に座っている自由の玉城氏もいなかった。自民、公明から、民進の合流について聞かれ、まるで他人事のように、安全保障、憲法の考えが違う議員は入党は出来ないと、大きな顔をして言っていた。自民、公明の攻撃に対しても、若狭程度の議員では全く反論の迫力も無かった。これが野党1党かと思うと、情けなくなる。

沖縄で唯一自由所属の衆議院で頑張っている玉城氏は、希望へは合流しないという。当然、安保法制を是認する希望の党では、立場が無くなるのは決まっている。自由の森氏も今までは、希望に合流するようなニュアンスで言っていたが、今日のニュースでは、小池氏の排除の論理はおかしいと言い出した。当然、山本氏も反対だろう。自由は結局合流しないのではないかと思われる。北海道の民進支部は、希望には合流しないと決定した。

今日、小池氏が記者団から、民進排除について、民進から話が違うと言われているがと聞かれ、ツラッとして、前原氏がまちがって勝手に解釈したような言い方をした。この女、全てこんな調子である。

前原氏は、今日中にこの問題を決着して方向を決めたいと言っていたが、もう後の祭りである。枝野氏も、前原代表が民進一丸となって合流するというから従ったが、話は違っている。新たな考えも模索しなければならないと述べた。希望が今日公認した候補者の中には、枝野氏の選挙区に立つ候補者がいると言う。もう滅茶苦茶である。

前原氏は、もうみっともなくて外を歩けないかもしれないが、この取り決めは反故にするべきである。そして腹を切れ。これでは話が違い過ぎる。狸女に騙されたのだ。反故にするぐらいのことをしないと、例え希望に行った仲間もどんな扱いをされるかわからない。

それにも増して、今まで野党4党を支持してきた国民は納得しない。



自由党幹事長・玉城デニー氏は「希望の党」に合流せず
http://www.sankei.com/politics/news/170930/plt1709300038-n1.html
 自由党幹事長の玉城デニー前衆院議員は29日、小沢一郎代表に対し、自身は新党「希望の党」に合流せず、沖縄3区に無所属で出馬する方針を伝えたと明らかにした。沖縄市で記者団に語った。玉城氏は沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対している。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
希望の党に合流しない民進党リベラル派は国民の希望に合致し、野党全体と協力し総選挙で勝利できる
 希望の党に合流しない民進党リベラル派は国民の希望に合致し、野党全体と協力し総選挙で勝利できる、希望党は失望党となる、民進党の枝野幸男代表代行は1日、希望の党に合流しない民進党前衆院議員らを集めて、新党を結成する方針を固めた。希望の党が民進党の全員合流を認めないことに反発した。希望に参加できない前衆院議員を救済するための受け皿を目指す。党名は「民主党」を検討している、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2017/10/02 10:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
もう雲行きが怪しくなってきた・・・
(トホホ)
---
選挙区をがっちり固めている議員は「無所属」」でも当選できるだろうが、比例当選/比例復活当選の議員は所属の政党がぐらついたらどうなるのか?
(再トホホ)
もひ
2017/10/02 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
前原氏は、今回の希望への合流は撤回すべきである。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる