かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 前原新民進は「安倍政治STOP」の下で、野党選挙協力を!!

<<   作成日時 : 2017/09/04 21:42   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 3

民進の執行部が決定された。

枝野氏が代表代行として入った。自民の石破氏のように閣外でなく、執行部内に居ることは、少なくも前原氏の政策に参加する。党の要の幹事長に、当選2回の山尾氏を抜擢したことは、個人的には評価したい。山尾氏は、保育所問題での国会質問が有名で、安倍首相の天敵と言われた。論点、攻め方は鋭いものを持っている。あまり、従来の政治の慣行に流されず、若い感覚で党を引っ張ることは、民進としてはいいと思われる。

野党共闘については、前原氏は特に共産との協力を見直すと言っているが、枝野氏の参謀であった長妻氏になったことは、共産との選挙協力の道を開いたと言っていいだろう。国会対策委員長も松野氏になったことにより、山井氏よりはパンチが効くと思われる。

共産の小池書記局長が、3補選に向けての野党協議を行いたいとしている。前原氏は、理念、政策の異なる党とは組まないと言っているが、公明党だって、全て自民の政策と一緒ではない。

前原氏は、共産の安保、天皇の考えが違うから組めないようなことを言うが、それは政権が取れそうな場合の話である。次期総選挙でも政権などは取れない。しかし、自公の絶対多数は崩さなければならない。その意味で、「安倍政権(政治)打倒」の1点で、十分まとまると思う。個別の細かい政策で旗印を上げなくてもいい。「安倍政治をSTOP」でいいのだ。


共産・小池書記局長 3補選に向け野党協議の場を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011126561000.html
9月4日 17時40分
共産党の小池書記局長は記者会見で、来月行われる衆議院の3つの補欠選挙について、「安倍政治に国民の審判を下す絶好のチャンスだ」としたうえで、民進党や共産党など野党4党の選挙協力に向けて協議の場を設けるよう、民進党の新しい執行部に求めていく考えを示しました。

この中で、共産党の小池書記局長は、来月行われる衆議院の3つの補欠選挙について「極めて重要な選挙であり、安倍政治に対する国民の審判を下す絶好のチャンスだ。去年の参議院選挙で共闘を経験している地域であり、経験を踏まえた対応ができる」と指摘しました。

そのうえで小池氏は「共通の旗印を掲げて戦い、お互いに力を合わせるためには、党本部どうしの合意が必要になる。民進党の新しい執行部には、民進党や共産党など野党4党の選挙協力に向けて協議の場を持つよう求めていきたい」と述べました。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
このブログで、山尾幹事長の英断を誉めてあげたのに、また民主以来のゴタゴタが始まった。みんなで圧倒的差で選んだ前原代表が決めた人事に文句を言い出す。それが民主党以来の伝統、DNAだ。だから民進が信用されないのだ。
かっち
2017/09/05 08:12
やはり、同じ意見が出てきた。


菅 直人 (Naoto Kan)‏認証済みアカウント @NaotoKan &middot
山尾志桜里氏の幹事長人事の撤回を検討というニュースに驚いている。人事は慎重に練り上げることが必要。しかしそれは発表する前のこと。山尾幹事長など主要人事が事実上発表された後に、異論が出たといって撤回することは前原代表にとって大きなつまづきとなる。いったん決めたのなら初心を貫くべし。
かっち
2017/09/05 08:55
まあ、加計学園で獣医師を養成するどころか
政治家の人材もすでに枯渇している?
我らがニッポン国・・・
(トホホ)
---
あ、パナソニック政経塾(誤変換?)が
原因か?
創始者も草葉の陰で嘆いておられることであろう。
(再トホホ)
もひ
2017/09/05 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
前原新民進は「安倍政治STOP」の下で、野党選挙協力を!! かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる