かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理の加計、森友があり、麻生副総理のヒトラー発言がある。

<<   作成日時 : 2017/08/31 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 0

安倍政権になってから、絶対多数を背景に、安倍総理自身が加計、森友問題で墓穴を掘っている。国会で「もし自分が関わっているなら議員を辞める」と言った議事録がいつの間にか、消去されているという。今まで長い間、国会答弁を見てきたが、記憶にない、記録がないと答弁をはぐらかした国会は見たことがない。この背景は、安倍首相のいい加減な性格、気質から来ていて、一国の宰相として、尊敬がまるで出来ない。

その尊敬が出来ない男が麻生副総理である。国会の審議中、いつも目をつぶり、人を小ばかにしたような顔をしてニヤニヤしている。また、答弁なども、誠実さをまるで感じられない言い方をする。性格がそのまま顔に表れている。
その麻生氏は、ヒトラーに余程心酔しているようだ。本人は、本題の中で例え話をするときにヒトラーの話をしている。そのヒトラーの引用のポイントは、1つ目が「ヒトラーの手口を学べ」、今回が「ヒトラーの動機が正しくても」である。全てのポイントは、ヒトラーを肯定している。

この言葉に強く反応したのが、毎日新聞と朝日新聞である。それぞれの社説で批判している。毎日は、「撤回して済む話ではない」と述べている。朝日は言ってすぐ撤回するとは「あまりに言葉が軽い」と書いている。かつて日本の総理をやり、現在の副総理がこんな話をするとは重大問題である。安倍政権で全てタガが緩んできた。こんな発言を野党議員がやれば一発で退場となる。


(毎日新聞社説) 麻生副総理の「ヒトラー発言」 撤回して済む話ではない
https://mainichi.jp/articles/20170831/ddm/005/070/093000c
麻生太郎副総理兼財務相が、ナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの動機は正しかったと受け止められる発言をし、きのう慌てて撤回した。
 だが、「誤解を招いた」と撤回すれば済む問題ではない。なぜ、わざわざ大量虐殺を生んだナチスのヒトラーを持ち出す必要があるのか。まさに麻生氏の動機に疑問を抱く。
麻生氏は2013年にも憲法改正に関し、ナチス政権を引き合いに出したうえで「手口を学んだらどうかね」と語って後に撤回している。その反省はなかったというほかない。



(朝日新聞社説)麻生副総理 あまりにも言葉が軽い
http://www.asahi.com/articles/DA3S13110252.html?iref=comtop_shasetsu_01

 「(政治家になる)動機は私は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても、何百万人も殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもダメなんですよ」

2013年には憲法改正をめぐり、「ある日気づいたら、ワイマール憲法がナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね」と発言。批判を浴びると、「誤解を招く結果となった」と撤回した。
 麻生氏はきのうのコメントでも「私の発言が誤解を招いたことは遺憾だ」と釈明した。
 発言が問題視されると、誤解だとして撤回し、とりあえず批判をかわす。自らの発した言葉への反省は置き去りにし、また過ちを重ねる……。
政治家にとって言葉は命である。人びとを動かすのも、失望させるのも言葉によってだ。
 その言葉がこれほどまでに無神経に使い捨てられている。
 そんなものかと、この状況を見過ごすことは、この国の政治と社会の基盤を掘り崩すことにつながる。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍内閣支持率低下で延命を図り早期の衆院解散必至の情勢
 安倍内閣支持率低下で延命を図り早期の衆院解散必至の情勢、憲法改正吹っ飛び、自由党中心の野党にチャンス到来!  現職衆院議員の任期満了まであと1年3カ月あまり。安倍晋三首相がいつ衆院解散・総選挙に踏み切るのか、与野党でさまざまな説が飛び交い始めた。首相は「まったく白紙」と繰り返すが、2018年末までの政治日程を考えると、三つのパターンが浮かび上がる。【高山祐、西田進一郎】、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2017/09/01 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
安倍総理の加計、森友があり、麻生副総理のヒトラー発言がある。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる