かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 国家でなくて自分の事件に尽くしてくれた人には大栄転!

<<   作成日時 : 2017/08/15 12:16   >>

驚いた ブログ気持玉 32 / トラックバック 1 / コメント 0

安倍夫人付きの職員(中小企業省出身)の谷査恵子氏が6日付けで、誰もが行ってみたいイタリア大使館の一等書記官に大栄転した。谷氏は東大出であるが、出世は望まないということでキャリア試験を受けず、ノンキャリアの方の試験を受けた。所謂、ノンキャリアである。官僚社会では厳然とキャリアとノンキャリアの身分は分かれている。このニュースは、新聞、テレビでも報道された。それだけ異例中の異例ということだ。

大使館の一等書記官と言えば、大使>公使>公使参事官・参事官>一等書記官>二等書記官>三等書記官の序列で、4番目である。三等書記官は、外交官になりたての、駆け出しのランクであり、二等書記官は30才台前後の外交官のランクであるという。したがって、外交官の駆け出しでは、3等から始めなければならない。

一等書記官と言えば、40才台前後の大使を補佐する実務上の最高ランクのベテラン外交官のランクと言われている。別に外務省入所でもないノンキャリアの人物が、名だたるイタリア大使館の一等書記官になることは、破格以上の栄転である。

厳然たるキャリア、ノンキャリアの区別がある官僚社会の中で、このような人事が起こることが異常である。その異常が、簡単に出来ることになったのは、正に安倍総理の意向であると思っている。きっと、この裏には安倍夫人が迷惑を掛けたお礼だから、という話もあったのではないかと思っている。この破格の人事の中身は、安倍夫人を守ったことのお礼以上に、今後も秘密は言うな、ということである。谷氏も毒饅頭を食べたということだ。

財務省の元理財局長の佐川氏が、あれだけの疑惑の中(国民のほとんどは佐川氏の発言は信用していない)で、言わば国税庁長官に栄転したのも、上記の谷氏の場合と同じ理由だろう。

この根源が内閣人事局で一手に官僚の人を内閣が自由に按配出来るからだ。こんな不条理な人事が、トップの思いで勝手に出来るのが、加計学園の出鱈目を行っている安倍氏いるからだと思っている。

昭恵氏付職員 イタリア大使館に異動 1等書記官に
https://mainichi.jp/articles/20170815/k00/00e/010/231000c
 世耕弘成経済産業相は15日、閣議後の記者会見で、安倍晋三首相の妻昭恵氏付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が在イタリア日本大使館に異動したと明らかにした。谷氏は、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題への関与が指摘されている。
 経産省によると、谷氏は8月6日付で外務省への出向が発令され、在イタリア日本大使館の1等書記官となった。
 世耕氏は谷氏の異動について、森友学園問題とは「全く関係ない。適材適所の考え方で実施されている」と指摘した。(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地方大学活性化は良いことだが交付金増額が切り札とは情けない・自主性尊重こそ最重要課題だ
 地方大学活性化は良いことだが交付金増額が切り札とは情けない・自主性尊重こそ最重要課題だ、政府は、地方の大学の活性化を図る新たな交付金を創設する方針を固めた。自治体が地元の大学や経済界と連携して展開する地域振興の取り組みを支援する形で、2019年度から百数十億円規模の交付金の支給を目指す。地方大学の教育・研究環境の底上げを図るとともに、東京に集中する私立大学などの地方移転も促し、大学生の「東京一極集中」を解消する狙いだ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2017/08/16 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
国家でなくて自分の事件に尽くしてくれた人には大栄転! かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる