かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 共謀罪、本当の怖さを知る者は、ほんのわずか? 気が付いたときは、もう遅い。

<<   作成日時 : 2017/02/22 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 2

共謀罪が、国会で審議されている。この法案の怖さを、どれだけの国民が考えているだろうか?

考えているのは、ほんの、ほんの一部の人だけだろう。しかし、この法案は、戦中の治安維持法に準じる怖さを含んでいるのである。下に、この怖さを具体的に実例を挙げ、その行為を図で示している。

例えば、沖縄で市民団体が、工事車両を止めようと合意した場合は、警察は組織的威力業務妨害だと認定出来、組織的犯罪集団と見なされるそうだ。さらに、この共謀罪の本当の怖さは、座り込みの相談を、ライン、電話で連絡し、途中でやめても、「準備行為」と見なされてしまう可能性を含んでいるのである。

こう書くと必ず、そんなことをするはずは無いと言う者がいる。そもそもこんな法律を作ることは、自分たちに不都合な人物、行動を取り締まることを担保しているのである。取り締まる側の一存で、どうにもなる法律なのである。明日は、わが身である。

デモに出るだけでチェックされ、電話を盗聴される可能性が出てくる。今の政府は、明らかに秘密法の延長として、共謀罪の法制化を行い、反体制の根を絶つことを目指している。

気が付いて、後でいくら悔やんでも、その時にはもう遅い。

「共謀罪」拡大解釈の懸念 準備行為、条文に「その他」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017022202000131.html
2017年2月22日 朝刊

画像


 「共謀罪」と趣旨が同じ「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、政府は、犯罪の合意に加えて処罰に必要な要素として検討している「準備行為」について、条文で「資金または物品の手配、関係場所の下見その他」と規定する方針を固めた。「その他」の文言が盛り込まれることで拡大解釈が際限なく広がり、準備行為が歯止めとならないことが懸念される。 (山田祐一郎)


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。






「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策?
合同出版
山下幸夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】共謀罪とコンスピラシー
KSC
商品の最終確認してからの配送となりますので、受注後商品の発送開始までに約5日程度かかる場合がございま

楽天市場 by 【中古】共謀罪とコンスピラシー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

さらば!共謀罪?心に手錠はかけられない
社会評論社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さらば!共謀罪?心に手錠はかけられない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あちらを叩けばこちらも叩かれる、国境問題でメキシコが米国産トウモロコシの輸入をカナダ産等に切り替え
 あちらを叩けばこちらも叩かれる、国境問題でメキシコが米国産トウモロコシの輸入をカナダ産等に切り替え、トランプ大統領の支持基盤の一つアイオワ州の農家を直撃、 ◇壁建設費用支払い拒否 米以外から輸入へ  「メキシコを敵視する米国からトウモロコシを買うなんて、ばかげている」 【よく売れる】メキシコ革命で米国と戦った英雄がトランプ氏を罵倒するTシャツ  そう憤慨するのは、日本に次ぐ米国産トウモロコシの輸入国、メキシコのアルマンド・リオス上院議員(43)だ。毎日新聞の取材に16日、輸入先をカナダ... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2017/02/23 09:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの言う通り!
---
「徴兵制復活」についても「そんなことにはならない」という人がいると思われる。
だが・・・・
「美しい國」では、徴兵制はおろか学徒出陣も当たり前だろう。
---
何しろ「PKOの駆けつけ警護」のおカゲで青森地区の高校生の自衛隊「就職率」が低下したという。
よって、強制力のある「徴兵」に踏み切るのは目に見えている。
---
学校の健康診断/身体検査が「徴兵検査」に変わる日もそう遠くはないのでは?
---
(途方のトホホ)
もひ
2017/02/23 00:40
まあ、政府がコソコソこの呆案(誤変換)を出そう/通そうとしていること自体「共謀」ではないのか?
---
立法事実も怪しいし、他の刑法の予備罪で対応できるとされているのだが・・・(トホホ)
---
繰り返しになるが、「テロ等準備罪」の「等」も相当怪しい。
(怒)
もひ
2017/02/23 01:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
共謀罪、本当の怖さを知る者は、ほんのわずか? 気が付いたときは、もう遅い。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる