かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の共謀罪成立の野望を止めるには、野党共闘で議席を増やすしかない

<<   作成日時 : 2017/01/08 21:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 2 / コメント 0

安倍首相は、秘密保護法成立に加え、悲願の憲法改正を何としても行いたい。その前に、これも悲願である「共謀罪」を成立させることを決心した。「した」と断定したのは、自民だけで絶対多数の議席を持っており、どんな悪法も強行採決をやれば、可決成立させることが出来るからだ。

それも、姑息にも「共謀罪」を東京オリンピックにかこつけて、「テロ準備罪」と名を変えて通そうとしている。オリンピックのテロを防ぐために制定すると言えば、一般の人はそれはいいことだと思ってしまう。それが政府の狙いである。

この共謀罪の対象は、676の罪を対象としているということだ。具体的には何も分からないが、半端な数ではない。共謀罪に係わる全てを網羅することは間違いない。この法律で、国民の生活が監視され、政府に都合の悪いことが、法律で罰せられる可能性が出てくる。

この法律も国会に提出すれば、今の自民なら数で通してしまう。権力は麻薬のようなもので、一度使ったら中毒になり、何回でも使いたくなる。

この中毒状態を止めるには、絶対多数の条件を止めるしかない。そのためには、維新を除く野党が一致して共闘し、野党議席を増やすしかない。

「共謀罪」名称変え国会提出へ 対象絞り「テロ準備罪」に

「共謀罪」対象 676の罪 政府方針 懲役・禁錮4年以上http://mainichi.jp/articles/20170108/ddm/008/020/062000c
2017年1月8日 朝刊

 テロ対策強化に向け、政府が通常国会へ提出する方針を固めた「共謀罪」の対象となる犯罪が、殺人や詐欺など六百七十六に上ることが明らかになった。共謀罪を巡っては、捜査機関の職権乱用や拡大解釈を懸念する声が根強く、日弁連などが反対している。
 政府は二〇二〇年の東京五輪を念頭に、各国と連携を強化する必要があると判断。そのためには国連が〇〇年に採択した国際組織犯罪防止条約の締結が不可欠で、条約締結の要件として共謀罪などの法整備が必要と主張している。
 条約の規定は、懲役・禁錮四年以上の犯罪を対象としており、計六百七十六になる。ただ、公明党は対象犯罪の絞り込みを求めるとみられ、行方が注目される。
 共謀罪は過去、三度廃案になった経緯がある。重大犯罪の謀議に加わるだけで罪に問われる内容だったため、批判を受けた。政府は修正し、罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更。対象を「組織的犯罪集団」に限定した。さらに現場の下見など「準備行為」も要件に加える案で調整している。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
災害の世紀に暮らす我ら、冬のストームがやっと過ぎた、関東地方の海岸地域には雪が降らなかった
 災害の世紀に暮らす我ら、冬のストームがやっと過ぎた、関東地方の海岸地域には雪が降らなかったので良かった、9日05:50、気象庁は「大雪と高波及び強風に関する関東甲信地方気象情報 第3号」を発表しました。前線を伴った低気圧が関東の南東海上を東北東に進んでおり、低気圧は次第に関東地方から遠ざかって、日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2017/01/09 10:42
選挙制度考察1_自公連立(組織票)の弊害〜プロローグ〜
 選挙制度の問題を考える前に、まずは投票率について考えてみたい。補選を除く最近3回の衆院選の投票率は以下のようになっている。 第45回衆院選は、自民党から旧民主党へ政権交代が期待され、投票率が69.28%(約70%)と近年では見たこともない高い数値であった。 第46回衆院選は、旧民主党の裏切りへ怒りで制裁感情がピークに達し、投票率が59.32%(約60%)と、これも近年では比較的高い数... ...続きを見る
51%の真実
2017/01/13 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
安倍首相の共謀罪成立の野望を止めるには、野党共闘で議席を増やすしかない かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる