かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相、領土問題で功を焦るあまり、国益を損なうな。

<<   作成日時 : 2016/11/20 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 1 / コメント 2


来月のプーチン大統領の来日に向けて、安倍首相がペルーのリマで、プーチン大統領と打ち合わせた。議題は、北方領土の交渉における確認である。通訳はいるが、プーチン大統領と安倍首相の2人だけで話をした。このあと、安倍首相があまり明るい顔をしないで、領土問題を日本が望む方向に進めるには、まだ隔たりがあるような話をした。

ロシアも狡猾である。領土問題を進めるには、まず経済協力が先決だと述べている。経済協力というが、実態は日本からの経済援助である。まずは、ロシアのエネルギー開発とエネルギー供給網の整備を要求している。領土交渉は、日本のお金をあてにして、ロシアのエネルギー開発と売買をまずやってからという、したたかさである。

経済協力というカードを先に切ったからといって、4島が還ってくる保証はない。ロシアは北方4島以外にも領土問題を抱えている。日本にすんなり返却でもしようものなら、領土問題国から一斉に領土問題が起こってくる。安倍首相の話から、北方領土4島返還は相当難しいことがわかる。そこで心配になることは、4島返還の話を棚上げにして、2島返還でお茶を濁すことである。鈴木宗男氏はこの話を安倍首相に進言していると思われる。

それを警戒してか、民進の蓮舫代表は、「北方四島の場合は四島の帰属をしっかりと認めるという前提条件もぜひ譲ることなく、しっかりとした対話になっていることを期待したい」と述べている。安倍首相なら功を焦って、2島返還で手を打つ可能性も考えられる。来年1月に総選挙を行うという噂は、日本にプーチン大統領を呼んで、領土問題について何か言質を取れると思ったからであろう。プーチン大領領は、領土問題に解決期限を設けることは難しいと述べた。ロシアはしたたかである。これでは、日本の持ち出しだけで話が終わる可能性がある。功を焦るあまり、日本の国益を損なうことがないようにすべきだ。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地球温暖化加速は間違いなし?トランプ次期政権が排ガス規制緩和間違いなしと自動車業界が動いている
 地球温暖化加速は間違いなし?トランプ次期政権が排ガス規制緩和間違いなしと自動車業界が動いている、【ニューヨーク時事】トランプ次期米政権の発足をにらんで、自動車業界が燃費・排ガス規制の緩和要請に動きだした。 業界にとって、トランプ氏が選挙戦で打ち出した保護主義的な通商政策は懸念材料だが、減税や規制緩和では利害が一致。企業寄りの共和党が過半数を占める議会の支援も期待できるため、交渉余地は十分ありそうだ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/11/21 09:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
経済協力というカードを先に切ったからといって、4島が還ってくる保証はない。
---
かっちさんの指摘の通り!
---
しかし・・・返還されても地獄かもしれぬ。
現地に居住しているロシア国民の住居や公共施設、軍事施設の本土/樺太?移転費用を全部日本が負担することになるのでは?と考える/疑うのがフツウだ。(トホホ)
---
東西ドイツ統一時、旧東ドイツから旧ソ連軍を撤退させる費用を旧西ドイツに全額負担させたお国柄だ。
眉毛にたっぷりとツバをつけておいた方が良さそうだ。(トホホ)
もひ
2016/11/20 22:48
まあロシアが「振り込めサギ」とは言わぬが・・・
だったらチェルノブイリの収束ノウハウ(現:ウクライナ)を提供してもらってもいいはずだ。
---
ウソでもアンダーコントロール?
意地でも自前で収束しよう?
などと考える方が愚かではないのか?
(怒)
もひ
2016/11/21 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
安倍首相、領土問題で功を焦るあまり、国益を損なうな。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる