かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国の脱原発希望者の願いが、新潟県民の肩に掛かっている。

<<   作成日時 : 2016/10/05 21:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 32 / トラックバック 1 / コメント 1

日刊ゲンダイ紙によれば、当初圧倒的に原発推進派で自公推薦の森氏が優勢とみられてきた。今は、どれだけ信用があるかわからないが、共産、生活、社民、市民連合が推す米山氏が、森氏にかなり近いところまで、急追してきているらしい。

 これには、泉田知事の立候補を阻止した新潟日報もびっくりだろう。さらに言えば、柏崎原発を何としても再開したい東電の意向を受けた、連合新潟の執行部も大慌てで、記事によれば連合会長自らがマイクを握って森氏を応援しているという。企業内組合の成れの果てである。

柏崎原発は、新潟大地震でかなりきわどい事故を起こしている。何とか取り留めたが、福島の先例になっていたかもしれない。休暇で新潟方面の高速を走っていると、柏崎原発7基が見えてくる。新潟地方は大地震が多い。ここで福島のようなことが起これば、太平洋と違ってすぐ対岸に中国、韓国、北朝鮮に囲まれた日本海に核物質が蓄積される。安倍首相が完全にコントロールされていると嘘を言っても、中国、韓国、北朝鮮から大非難を受けるだろう。
福島事故の事故補償では済まない。何十兆、100兆円も下らないだだろう。新潟のおいしいコメもダメになる。

東電は柏崎原発なしで、停電にもならず電力を供給している。これだけ原発で国民に大迷惑を掛けて、まだ日本に迷惑の種を可動しようとしている。ここは、原発廃止を願う国民の代表として、新潟県民は米山氏を当選させてほしい。その意味で、民進は当てにならない。



新潟県知事選 “脱原発”米山候補が猛烈な追い上げで大接戦
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191157
 泉田路線を受け継ぐ脱原発候補VS原子力ムラの戦いとなっている新潟県知事選(16日投開票)。共産、社民、生活と脱原発派の市民が支援する米山隆一氏(49)は告示ギリギリの出馬表明だったこともあり、自公が推薦する前長岡市長の森民夫氏(67)が優勢とみられてきた。しかし、ここへきて風雲急を告げている。米山氏が猛烈な追い上げを見せ、大接戦になってきたのだ。

「森陣営は『楽勝』ムードで緩みっぱなし。自民党の調査では、先々週末は森さんが7ポイントのリードでした。ところが、告示後の先週末はナント、0・3ポイントまで差が詰まってきているというのです」(地元関係者)

 なりふり構わぬ慌てっぷりは、野党共闘に砂をかけ、自公と一緒に森氏を支持した連合新潟も同様で、後方支援のはずが、会長自ら応援演説でマイクを握っている。

 一方、米山陣営は森の背中が見えてきたと勢いづく。これで米山氏勝利なら、自主投票の蓮舫民進党が恥をかくことになる。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
所得税抜本改革の中身は増税・安倍政権は衆院解散総選挙には不利と増税案を先送り
 所得税抜本改革の中身は増税・安倍政権は衆院解散総選挙には不利と増税案を先送り、平成29年度税制改正で焦点となる所得税の抜本的な改革について、政府・与党が先送りする検討に入ったことが5日、分かった。「配偶者控除」の見直しでは、当初、有力とされた妻の収入を問わず適用する「夫婦控除」に踏み込まず、現行制度の適用対象を見直す方向で調整する。安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切るとの観測が浮上する中、増税世帯が多くなる改革への慎重論が与党内で強まっていることを踏まえた、に関連する最新のWeb情報... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/10/06 09:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟に「盗電」の原発不要!
もひ
2016/10/05 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
全国の脱原発希望者の願いが、新潟県民の肩に掛かっている。  かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる