かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 自公に解散風を吹かれて、バカにされ始めた野党第1党の民進。

<<   作成日時 : 2016/09/28 21:04   >>

驚いた ブログ気持玉 25 / トラックバック 2 / コメント 1

臨時国会が始まったばかりなのに、もう自民党から、解散は来年1月にあるかもしれないと報道されている。今日、公明党の山口代表も、敢えて解散に言及して、首相の専権事項であり、いつ解散があってもいいように準備すると述べた。解散解散と言い出したのは、民進の新代表は組みやすいとバカにされているからだろう。

11月に、わざわざプーチン大統領を自分の地元の山口県に呼んで会談するというのも、意味深である。国民がアッと驚く2島返還があるかもしれない。安倍首相よくやったと思わせ、総選挙になだれ込むことは、狡猾な安倍政権では十分過ぎるぐらい可能性がある。

先日の生活の小沢代表の記者会見で、マスコミでは報道されていないが、重要なことが言われている。民進は、政権交代に関わる選挙では、共産などの野党と共闘しないという話が出て来て、生活側での真意を確認中だと述べた。民進の役員会で議論し、正式に連絡をすると聞いており、小沢氏が相当不満そうに述べていた。

実質代表の野田幹事長ならありうる話であり、自公は野党の足元を見透かしているように思える。改憲に必要な3分の2は取れると見ているように思える。民進が自分たちだけで政権を取れるような幻想を抱いているようでは、これから十年以上自公政権が続くことを認識出来ていない。もう国民は、民進ではない、頼りになる野党勢力を作らなければならないと悟るべきである。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
その解散総選挙に大義はあるのか?
 9月26日に第192臨時国会が召集された(注1)ばかりだが、永田町やマスメディア界隈では12月末〜1月初での解散総選挙の可能性が騒がれ、テレビでもかなり取り上げられる様になっている。そこで8/9のエントリー「民進党代表選と次期衆院選」を振り返りながら、最新の情報も交えて、次期衆院選の実施時期と作り上げられるであろう解散理由について書いてみたい。 ...続きを見る
51%の真実
2016/09/28 22:07
伊方原発と云わず全ての原発を停止せよ
 伊方原発と云わず全ての原発を停止せよ、四国電力伊方原発(愛媛県)は安全性が確保されていないとして、大分県の住民264人が28日、四国電を相手に伊方2、3号機の運転差し止めを求める訴訟を大分地裁に起こした。、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/09/29 10:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
解散については既に、与党に批判的な夕刊紙(日刊ゲンダイ?)で、
改憲を発議した時に「国民投票」で「過半数」を得られるかどうかの「リトマス試験紙」代わりにしたいということだ。
(トホホ)
---
国民投票は選挙区に関係ないので、小泉純一郎元総理がぶち上げた「郵政選挙」のようなわけにはいかない?
つまり、純粋に「過半数」を取れるかどうか?を確かめたいということらしい。
これも国民をウマシカにする話ではないか?(怒)
---
もう一つは「与党内の締め付け」だ。
「郵政選挙」のように内部から反発が出れば「刺客」で対抗するという武部 勤 元自民党幹事長の作戦を受け継ごうということらしい?
---
ロハ(ただ:誤変換?)、現行の条文は変えずに加えるだけという「加憲」を主張してきた党はどうなるのか?
「承認」して指を「くわえて」賛成するのだろうか?
---
そもそも「何を改正」するのか?「どう改正」するのか?
国民には、まとめて「○」か「×」だけの投票では
どうしようもない。
手間はかかるが、一条文につき一回の「国民投票」ならまだ理解できるが・・・
---
鹿し(誤変換)、「自民党草案」なら「大日本帝国憲法」に戻す方がてっとり早いのではないか(トホホの怒)?
もひ
2016/09/29 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
自公に解散風を吹かれて、バカにされ始めた野党第1党の民進。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる