かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮舫代表は野党第1党として自公に対峙する野党共闘を推進すべき。

<<   作成日時 : 2016/09/15 20:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 1

民進代表に予想通り蓮舫氏が選ばれた。選挙の得点は、蓮舫氏503、前原氏230、玉木氏116であった。前原氏の2倍の得票率である。民主党の党員、サポーターは蓮舫氏がベストと選んだのだから特に文句はないが、野党1党の(代)として責任は重い。

生活の小沢代表が、以下のコメントを発表した。小沢代表は、「早期に安倍政権を打倒し、この国に再び健全な民主主義を回復させるべく、引き続き野党共闘の更なる推進のため、ぜひご奮闘をいただきたいと考えている。」と述べている。小沢氏が最も期待することは、「引き続きの野党共闘の更なる推進」と述べている。

これは、このブログで何回も言っていることと同じである。蓮舫氏が代表の間に自公を負かして政権を取ることなどは難しい。まずは、野党共闘して、自公の絶対多数の壁を打ち破って、この国の健全な国会審議が出来るようにしなければならない。共産党に埋没してしまうから共闘はイヤだなんて言っているようでは、万年野党の道しかない。

民進党代表選挙の結果を受けて
http://www.seikatsu1.jp/activity/declaration/20160915.html
平成28年9月15日
代表 小沢 一郎

このたびの民進党蓮舫新代表の当選・ご就任を心よりお慶び申し上げたい。
また、岡田前代表にもこれまでのご労苦に心から敬意を表したい。

わが党としても、蓮舫氏の今後の党代表としての活躍に大いに期待している。

そして、何より「一強多弱」により議会制民主主義が崩壊寸前まで追い詰められている状況下、何としても、早期に安倍政権を打倒し、この国に再び健全な民主主義を回復させるべく、引き続き野党共闘の更なる推進のため、ぜひご奮闘をいただきたいと考えている。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野田佳彦元総理は民主党政権を崩壊させた戦犯、その派閥に属する蓮舫女史は信用できるのか
野田佳彦元総理は民主党政権を崩壊させた戦犯、その派閥に属する蓮舫女史は信用できるのか、現在安倍政権が国民を苦しめているのは野田佳彦に全責任があることを国民は忘れない、 ◇選出後あいさつ 台湾籍「放棄の手続き中、違法ではない」 民進党は15日、東京都内で臨時党大会を開き、岡田克也代表の後任に蓮舫代表代行(48)を選出した。民主党時代を通じて女性の代表就任は初めて。蓮舫氏は1回目の投票で過半数を獲得し、前原誠司元外相(54)と玉木雄一郎国対副委員長(47)を破った。選出後のあいさつで「私たちが... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/09/16 22:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、かっちさんも指摘しているように「民進党単独」では
再び政権交代も厳しい。(トホホ)
---
小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表の言うとおりである!
もひ
2016/09/16 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
蓮舫代表は野党第1党として自公に対峙する野党共闘を推進すべき。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる