かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 与野党、国民も反対しない天皇陛下の生前退位の法律は、速やかに成立させるべき。

<<   作成日時 : 2016/08/09 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 1 / コメント 3

今の天皇陛下が選挙権を持っていたなら、少なくとも、憲法9条に違反している安保法を強行した政党には投票しないだろうと思われる。それは、天皇陛下の日頃の行動を見ていると分かる。今は、自分の父が関わった戦争の犠牲者の追悼に、心から砕いている。その姿を見ていると、言葉で言えない分、自らの姿、行動で、精一杯の態度を表していると思っている。

その天皇陛下が、生前退位をビデオメッセージで表明した。天皇の公務は、多岐に亘る。オーナー会社でも、社長は自分が社長の職を全う出来ないと思えば、後継者に社長職を譲る。宮内庁は、国事は天皇陛下が全てやれなくとも、代理でも構わないと天皇に進言したが、天皇は「それは違う」と答えたそうである。国事は全身全霊で取り組むものだと述べている。

皇太子はもう56才である。元気な内に禅譲しても問題はない。なぜなら、今は天皇は象徴であり、国事に政治的意見を反映させることは禁じられているので、問題はないと思われる。

自民党内では、生前退位は時限立法の特別法でお茶を濁そうという話もあるようだ。しかし、これは一般の法律で成立させるべきである。安保法を、国民の多くの反対の中であっと言う間に強行採決させたことを考えると、与党も、野党、国民も反対しない法律などは、簡単に出来るだろう。絶対多数を持つ与党がそれをしないのは、逆に何か思惑があるからだろう。

韓国紙が、生前退位は安倍首相の改憲にブレーキを掛けるものだと報道しているという。日本の右傾化に最も敏感な韓国が、天皇を平和の象徴として捉えていることに、天皇の日頃の行動とお気持ちが国内外に表れていると思われる。


韓国紙が社説、生前退位は「安倍首相の改憲にブレーキ」

http://www.sankei.com/world/news/160809/wor1608090033-n1.html

 韓国紙、東亜日報は9日付の社説で、天皇陛下の「生前退位」をめぐるビデオメッセージを取り上げ、今後、日本で皇室典範の改定に向けた作業が本格化すれば、「安倍晋三首相の任期中の改憲は難しくなる」として、生前退位は「安倍首相が推進する改憲(の動き)にブレーキをかけるものだ」などと政治的に報じた。

 中央日報も同日付社説で取り上げ、天皇陛下について「機会があるたびに平和に言及し韓国への親近感を示してきた」と報道。「韓国では、安倍首相たちの右傾化を牽制する“百済系平和主義者”としての評価を受けている」との見方を示し、生前退位が「北東アジアに及ぼす影響を注視する」と主張した。(ソウル 藤本欣也)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国は最早半導体生産・供給でも後進国ではない、2018年には中国メーカが世界制覇の可能性
 中国は最早半導体生産・供給でも後進国ではない、2018年には中国メーカが世界制覇の可能性、先週、中国の半導体設計大手である清華紫光集団が、同国半導体メーカー最大手の一つ、武漢新芯集成電路製造(XMC)の株式の過半を取得し、「中国最大のチップメーカーが誕生した」とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。XMCには、半導体産業の発展を支援する「国家集積回路産業投資ファンド」が出資している、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/08/10 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、かっちさんの解説に同意!
> 近隣諸国の報道にも一理あると考える。
> 3K新聞(誤変換)「改憲にブレーキ」と見出しをつけた。
---
憲法を勝手に「解釈」できるような御仁だからこそ
「お気持ち」が耳に痛いことだろう。
ということで「お気持ち」を勝手に解釈:
---
1. 「日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。」・・・「象徴」を繰り返し述べることで「元首」ではないことを示唆。
2. 「その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なこと」と述べ、口先だけの政治家をけん制。
3. 「現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら」
と述べ、皇室制度の変更のみである事を示唆しまた不必要な憲法改正、法改正をけん制。
4. 「その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ」と述べ、バラマキ地方創生の問題点を示唆。
5. 「これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう」と述べ、自分党(誤変換)さえ今さえ良ければという政権よとう+ゆとうをけん制。
6. 「社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか」と述べ、高齢化社会に対する行政・立法の対応が遅れていることを示唆。
7. 「これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました」と述べ、「死ぬまで働け」と言っていたブラック企業の社長(現参議院議員)へのけん制。
---
畏れ多いが・・・天皇陛下はやはり「人味」違う!
もひ
2016/08/09 23:50
ネットで「生前退位海外の反応」で検索すると
ハンギョレ新聞が出てきた。
---
天皇のビデオメッセージの核心である生前退位の問題は憲法を改定せず法律改定だけで解決できるが、結局天皇の地位問題に関連し、憲法改定問題にまで拡大する可能性がある。
---
とのことだ。(スルドイ指摘)
この意味は・・・これをきっかけに「憲法を改正しなければ」とウソをついてくる勢力があることを言っている。(トホホ)
---
それほど「象徴天皇」が気に食わないらしい?(トホホ)
もひ
2016/08/10 23:06
日刊ゲンダイ(オンライン版2016年8月11日号)が2人の憲法学者に噛みついた。
---東京新聞からの引用---
天皇の「お気持ち」表明についての識者コメントで、いちばんひどかったのは2人の憲法学者で、ひとりは横田耕一・九大名誉教授の「退位を希望する理由が公務負担の重さなのであれば、減らせばよい。極端に言えば、国事行為だけをしていれば問題ない」(日経9日付)というもの。もうひとりは浦田賢治・早大名誉教授の「憲法に根拠がない公的行為は憲法違反」(東京9日付)だ。
---
前者のコメントは「極端」であり、後者のものは「根拠がない」とそのままお返したい。
読解力がないとすれば小学校の国語からやり直しが妥当か?(トホホ)
もひ
2016/08/11 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
与野党、国民も反対しない天皇陛下の生前退位の法律は、速やかに成立させるべき。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる