かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 極右の防衛大臣の下での、安保法を前提とする自衛隊派遣

<<   作成日時 : 2016/08/07 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 3


安保法が強行採決されたが、国民の中にはもうそんなことがあったことは忘れてしまった人も多いだろう。その中、ネット情報では匿名の自衛隊員の陰の声として、実弾を使った実践訓練が圧倒的に多くなったと出ている。参議院選挙が終わるまでは、安保法を前提とした自衛隊の派遣はないと言われていた。

ここに来て、いよいよ「駆け付け警護」などの新任務に向けた訓練を開始する方針を固めたと書かれている。訓練を開始するとあるが、前述したように、もう訓練は始まっていると見てよい。南スーダンのPKOの交代要員として11月に青森の陸自第5普通科連隊の名が挙がっている。

自衛隊員は自分のやっている業務は、家族にも言ってはならぬ非守義務があるので、家族には本当の訓練の内容等は言えない。しかし、南スーダンに夫、子供が行くことはわかる。今までの派遣部隊は、警護している場合も、相手との交戦は基本的に禁じられているが、助けを求められれば、駆け付けて銃器を使って制圧しなければならない。格段に危険度が増す。当然、死者が出ることを覚悟しなければならない。家族に補償金が入ってきても、死者は帰ってこない。自公に投票した支持者は、この重大性をどこまで認識しているのか?

皮肉にも、歴代防衛大臣の中で、最も右寄りの稲田氏が就任するのも因果なことである。ツイッターで、稲田氏を右翼と言うなら、国民のほとんどが左翼になると言っていた。したがって、稲田氏は極右と呼ぶべきであると書かれていた。なるほどと思う。安倍首相もこのタイミングで稲田氏を選んだのも、考えがあってのことだろう。何もないことを祈るだけだ。



月内にも新任務訓練開始 安保法、11月付与も視野
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016080701001427.html

 政府は、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」など自衛隊の新任務実施に向け、月内にも訓練を開始する方針を固めた。陸上自衛隊が参加する南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で11月に派遣予定の11次隊への新任務付与を視野に入れる。近く訓練開始について正式発表する見通しだ。政府関係者が7日、明らかにした。
 新任務を実際に付与するかどうかは、現地の情勢や新任務に対する部隊の習熟度合いなどを見極めて最終判断する。自衛隊では、11次隊として陸自第5普通科連隊(青森市)を派遣することが既に内定している。
(共同)




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドイツにアイヌの遺骨が保管されているとは驚きだ・日本に返還させよう
 ドイツにアイヌの遺骨が保管されているとは驚きだ・日本に返還させよう、【ベルリン中西啓介】研究目的で収集されたアイヌ民族の遺骨が、ドイツに17体保管されていることが分かった。当時の記録から、1体は19世紀にドイツ人が札幌市内の墓から盗掘し、運び込んだことも判明。北海道アイヌ協会によると、独国内で遺骨が確認されたのは初めて。協会は今後、日本政府を通じてドイツ側に調査や返還を求める方針だ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/08/08 09:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
新任務を実際に付与するかどうかは、現地の情勢や新任務に対する部隊の習熟度合いなどを見極めて最終判断する・・・
---
騙されてはいけない。
「千人針」を着けていれば弾に当たらない?
とかいうレベルと同じなのでは?(トホホ)
内戦地域に行くのだから、
アタリが出て当たり前(トホホなオヤジギャグ)
---
「自衛隊も血を流さなければない」(Show the blood の答え?)と云っていたのはどこの独裁者か?(トホホ)
---
日本共産党のセンセイが「人殺しの予算が付いている」と口を滑らしてしまったが・・・
事実になる日も近い?(トホホ)
おまけに「普通科連隊」がフツウではなくなる。(トホホ)
---
異常だ。(特大トホホ)
もひ
2016/08/07 22:43
天皇陛下の「お言葉」が放映された。
読者の皆さんはご覧/ご視聴になっただろうか?
---以下NNN系報道より抜粋---
私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。
---
目がしらが熱くなる様な「お言葉」だ。
---
それに比べ、
「国民の/○○の気持ちに寄り添う」とか何とか云っている政治家とは全く次元(心構え、実行力、重みなど)が違うのでは?(トホホ)
耳をカッぽじって欲しい!(怒)
---
ウマもシカも・・・この「お言葉」にコメントしようなどとんでもない思い上がりではないのか?(怒・怒・怒)
もひ
2016/08/08 20:13
畏れ多いが言わせていただくと・・・
---
国民の暮らしに影響が及ぶことを憂う、天皇陛下カッコいい!
---
国民の生活そっちのけの、毒祭者(誤変換)カッコ悪い!
てなところか?(トホホ)
もひ
2016/08/08 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
極右の防衛大臣の下での、安保法を前提とする自衛隊派遣  かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる