かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 泉田知事の新潟日報批判により、全国レベルの原発問題が顕在化

<<   作成日時 : 2016/08/31 22:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 1 / コメント 2

一般にマスコミは、政府や自治体についての問題について、しつこく批判しないものである。しかも、地方紙が、その自治体の長の責任をしつこく批判するのは異例である。昨日も書いたが、今や新潟県の泉田知事と新潟日報の対立は、全国規模の話題になってきた。

これはある意味、泉田知事の作戦だったかもしれない。泉田知事が、新潟日報が県側の話を公平に報道しないから、知事立候補を辞めると述べたことに対して、新潟日報は、その発言こそが「報道機関に対する圧力にも等しく許しがたい行為」と批判した。それに対して知事は記者会見で、「事実に反する記事の訂正を求めることが圧力だというのは理解できない」と反論した。

この問題は、政府の菅官房長官の記者会見でも、原発再稼働の話として扱われた。中央の大手マスコミレベルでは、反原発と原発推進の話になって、もはや泉田知事と新潟日報の問題ではなくなった。今回の一連の動きは、原発を推進したい勢力と、反原発の象徴である泉田知事との問題として浮彫りにされた。

日刊ゲンダイ紙も、反原発のシンボルととらえ、「原子力ムラはニンマリで、東電の高笑いが聞こえてくるようだ」、と締めくくっている。


反原発のシンボル泉田新潟知事が突然「出馬撤回」の背景
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188900

 原子力ムラはニンマリだろう。4選出馬を表明していた泉田裕彦新潟県知事(53)が30日、突如文書で“出馬撤回”を明らかにした。柏崎刈羽原発の「再稼働」を認めず、“反原発”のシンボルになっていた泉田知事に何が起こったのか。




地元紙記事に反論「圧力、理解できず」

毎日新聞2016年8月31日

http://mainichi.jp/articles/20160901/k00/00m/010/070000c

 任期満了に伴う新潟県知事選(9月29日告示、10月16日投開票)に4選出馬を表明していた現職の泉田裕彦知事(53)が立候補を撤回したことについて、決断の理由として名指しされた地元紙・新潟日報は31日付の朝刊で「報道機関に対する圧力にも等しく許しがたい行為」とする服部誠司編集局長名の記事を掲載した。泉田知事は同日の記者会見で「事実に反する記事の訂正を求めることが圧力だというのは理解できない」と反論した。

 同紙は記事の中で、県が出資する海運会社の子会社の事業を巡る一連の報道について「綿密な取材と事実に基づくものだ」と強調。県側がこれまで「事実に反する」と修正などを申し入れ、ホームページに掲載したことについて、「誤報であるかのような印象を抱かせる一方的見解を公表し、新潟日報社の社会的信用・評価をおとしめる行為で、断固として抗議する」と反発した。

 これに対し、泉田知事は会見で「圧力だというなら、県からこういう申し入れがあり、我が社はこう思うと紙面上で議論すればいい」と指摘。出馬撤回の理由について「県の説明は載らず、きちんとした声を県民に届けられない。私が引く方が、新潟の未来をどうするのか、原子力防災をどうするのか純粋な議論ができる」と繰り返し強調した。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
「経産省前テントひろばニュース 第88号」 ...続きを見る
もひのブログ
2016/09/03 16:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「しつこく」>「執拗に」> 「つきまとう」
これは組織的・公開ストーカー行為?
---
ストーカー規制法違反か?(トホホ)
もひ
2016/09/01 18:23
8月21日未明に「経産省前テントひろば」のテントが強制撤去された。(怒)
だが、「『テントひろば』は形を変えて存続する」という。
----
すでに物々しい囲いで覆われている「経産省前テントひろば」(跡)でもらった「経産省前テントひろばニュース第88号](2016年8月31日号)
によると、
---(以下引用)---
テントが撤去されても「経産省前テントひろば」は経産省への抗議を続けている。当面は昼12時から夜7時まで、以前と同じ場所での座り込み・スタンディング・チラシ配布を続ける。---(中略)---「経産省前テントひろば」は経産省を攻め、全国に脱原発を訴え続ける。
---
とのこと。👍
---
さらに同ニュース裏面は、三反園知事誕生の裏話だ。
タイトル「南から脱原発の風が吹く」
(薩摩川内市 川畑 清明 氏のリポート)
一本化交渉で合意へと導く決断:平良行雄氏(予定候補)と
一本化政策協議申し出の決断:向原祥隆氏(後援会長)
の二人の「英断」を称えている。
---
そして締めくくりは26日のNHK報道へのコメントだ。
---(以下引用)---
あの悪名高きNHKの番組で解説委員達が、具体的な事実を列挙しながら安倍政権の原発政策を徹底批判したと聞く。風は霞ヶ関に襲い掛かり始めた。地元薩摩川内市でも今秋、市議、市長選がひかえる。前例に習い保革合同の首長候補者擁立の運動が始まった。
---
とのこと。👍
もひ
2016/09/03 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
泉田知事の新潟日報批判により、全国レベルの原発問題が顕在化 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる