かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄高江地区の政府による強制行動を見ると、戦後70年も経つが日本の国でないようだ。

<<   作成日時 : 2016/07/24 23:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 1


参議院選挙が終わった途端、沖縄の高江地区へのヘリパッド建設のため、反対派の工事を妨害するための排除を全国から集められた機動隊に排除された。参議院選挙の直後から、排除行動を行ったことから、この計画は相当前から準備万端でなされたと考えられる。

機動隊員の多くは、マスクをして顔がわからないようにしている。つまり、強制排除する行為をマスコミ等に撮られても、証拠とならないようにするためだろう。

反対派の座り込み人を一人ひとり強制排除する姿を見ると、約40年前の成田空港建設のための成田闘争を思い出す。何ともやりきれない。ここには、一切米国の姿は見えない。日本人が日本人を強引に排除する。機動隊も命令でやっているとはいえ、見ているのもつらくなる。

返還地から移転するヘリパッドは、別に数は減るわけでもなく、ヘリパッドの新場所も、わざわざ高江町境界からすぐ近くに建設されている。日本政府が、高江町民の代弁者であるはずなのに、町民の声などは全く無視されている。日本政府は、沖縄に関しては、日本の国ではないと思っているようだ。米国も決して地位協定を手放さない。戦後70年以上も経っているのに、沖縄だけは何をやっても米国の意のままという状態になっている。これでは、同じ日本国民として申訳ないと思わざるを得ない。

政府は辺野古基地への移転を拒否している翁長知事を裁判所に告訴するが、これに対して翁長知事自身は法廷に立ち、沖縄の虐げられている状況を訴え証言すると言う。司法は長いものに巻かれろという考えを無くし、政府の圧力に屈しないで公平な裁定を望む。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんのBLOG記事に全く同意である!
---
沖縄には外務省職員が駐留する「特命全権大使」がいるという。
過去の様々なネット記事によると「調整役」だという。
しかし一連の事案を見るに、全く役に立っていない?
このポストは廃止が妥当ではないか?(怒)
もひ
2016/07/25 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
沖縄高江地区の政府による強制行動を見ると、戦後70年も経つが日本の国でないようだ。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる