かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年参議院選挙を終えて思う

<<   作成日時 : 2016/07/11 09:43   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 2 / コメント 1

参院選挙では、自公+改憲勢力で憲法発議の3分の2を越したとある。この予想は、今までマスコミで予想して通りである。それだけマスコミの調査力はすごいということになる。この結果は悔しいが、民主主義のルールの多数決である限り、認めなければならない。それにしても、改憲を望んでいる人が多いのには不思議で仕方がない。特に、今回の選挙で、18、19才の選挙民の自民へ投票が40%を超えたとある。彼らは、憲法を変えられたら、真っ先に戦場に行かなければならないのに。安倍政権も、今まで控えていた自衛隊の駆け付け警護などの部隊を派遣していくだろう。

上記のように、がっかりするニュースもあるが、沖縄では島尻大臣が破れ、衆参の議員は居なくなった。これは明らかに、沖縄基地はいらないという全島民の総意であり、これで翁長知事も頑張れるし、また日本政府にも強烈なダメ出しとなった。福島でも現職の岩城大臣が落選した。福島で何故自公が強いのかと不思議に思っていたが、やはり原発問題が影響したのではないかと思っている。参議院選挙とは関係ないが、鹿児島県知事が原発稼働一時中止を公約に挙げた三反園訓氏が保守王国の中で当選したことも大変うれしい。

今回、個人的に注目していた小林節代表の政治団体「国民怒りの声」は小林代表自身が落選した。小林氏は、社民党からの共闘を持ち掛けられたが、他の泡沫党とは組むつもりはないと豪語して、戦ったが、全くマスコミには出て来ず惨敗した。社民、生活などと組めば、死票は少なかったもしれない。

このブログでも取り上げた三宅洋平氏は力及ばずであった。組織を持たない立候補は厳しいことがわかる。前回は17万票、今回は26万票で数字は増やしたが、やはり日頃の露出度が物をいう時代である。

もう一つ注目していたのが、生活の党の森ゆうこ氏である。彼女は野党統一候補であるが、小沢氏の右腕である。 ここは最後の最後の100%開票まで、抜きつ、抜かれつのドキドキものの開票であった。開票率100%で初めて2000票程度の差で、何とか当選に滑り込んだ。これこそ、野党共闘が無かったら、勝利などあり得なかった。森氏が当選後の挨拶で、新しい民主主義が始まったと語ったのは、その通りである。また、投票集計の最後の最後の方で、生活の青木愛氏が滑り込んだ。生活は参院で、山本太郎氏、森裕子氏、青木愛氏の3名の勢力となる。質問時間も増え楽しみである。

小沢氏がオリーブの木と繰り返し言っていたことが正しいかったことが証明された。自民が「民共」だと言い批判していたが、共産党が方向転換をしてくれなったら、今回の選挙は惨敗以外の何ものでもなかった。志位委員長は、次期衆議院選挙も野党共闘のやり方について、もう一度、政権運営協力も含めて党内で議論して行くと述べた。この真意は、衆議院は政権を選ぶ選挙であるからだ。当然、自衛隊違憲、日米安保の話もクリアして行かなければならない。このあたりを全体的にまとめて行けるのは、個人的には小沢氏であると思っている。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生活の党が政党要件を満たす結果となった今回の参院選は改憲勢力増大に要注意だが「国民の生活が第一」復活
 生活の党が政党要件を満たす結果となった今回の参院選は改憲勢力増大に要注意だが「国民の生活が第一」復活に期待しよう、生活の党は、野党統一候補として岩手、新潟両選挙区に出馬した同党系の2人が当選確実となり、「国会議員5人以上」の政党要件を維持できる見通しとなった、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/07/11 10:28
第24回参院選〜改憲勢力3分の2を確保〜
この選挙が大きな曲がり角だった、と将来いわれるようになるのだろうか。 それにしては、あまり盛り上がった選挙とはいえない。 ...続きを見る
虎哲徒然日記
2016/07/11 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの言う通り!
---
「惨敗」に近くとも「2大臣」のクビは取ったというべきか?
---
さらに吉報が入っている!

2016年07月11日 00時05分(読売オンライン)

鹿児島県知事に三反園氏…原発「停止」主張

鹿児島県知事選は10日、投開票され、元テレビ朝日コメンテーターで無所属の新人・三反園訓(みたぞのさとし)氏(58)が、4選を目指した無所属の現職・伊藤祐一郎氏(68)を破り、初当選した。
---
これで、少なくとも民意の「聞く耳」持たぬ候補を3人撃破できた!👍
もひ
2016/07/11 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
2016年参議院選挙を終えて思う かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる