かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活の小沢氏が分析するように、自公に対して対立軸の公約策定をしなければ野党は勝てない。

<<   作成日時 : 2016/04/13 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 1 / コメント 1

生活の党の小沢氏、山本氏両代表の記者会見で、小沢氏が安保法の廃案は4党(民進、共産、社民、生活)の統一の政策であるが、その他の原発、TPP、消費税などは民進の中の考えがまだハッキリしておらず、自公に対しての対立軸が出せないと不満げに述べた。このままでは有権者は、野党に対して何を期待していいかわからず、結局野党は自公には勝てないと述べた。

今回の補選の結果で4党の支持候補がもし負ければ、各党、特に民進の中で、共産との協力を良しとしない勢力が勢いづき、野党共闘の枠組みが壊れることを危惧していた。ネット上では、4党推薦の池田氏が自民候補を抜いたと囃しているが、自公、大地もそう簡単な相手ではない。逆にここで勝てば、民進の反動勢力の口を噤ませることが出来る。

その意味で、北海道5区の勝敗によって、今後の野党共闘の行く末が決まる。負ければ、野党のバラバラの足元を見て、衆参同時選挙をやるだろう。

池田候補の応援に、民進・辻本氏、共産・高橋氏、民進(元維新)太田氏、生活・森氏、社民・山内氏が、一堂に会して応援演説を行った。その中で民進の太田氏が、民主党が政権を取ったときの最初の流れを作ったのが、千葉で太田氏が補選で勝ったことであった、と話していたことが印象的であった。

北海道5区の池田氏が勝てば、野党共闘自体に勢いを与える。これを受けて、共産党が話している衆議院選挙での、煮え切らない民進の共闘へのプッシュにも繋がると思われる。それにしても、民進には良くも悪くも、小沢氏のような党を強力に引っ張るリーダーがいない。今の執行部もドングリの背比べで、党内の異論をバシッと抑えることが出来ない。共産は嫌いだ、小沢はもっと嫌いだというような話が聞こえてくるようでは、野党第一党の役目は務まらない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
火星に大気が存在するようだ、NASAの火星探査車がつむじ風を撮影
 火星に大気が存在するようだ、NASAの火星探査車がつむじ風を撮影、今後は水と生物存在の痕跡確認が待たれる、3月31日、マラソン谷にあるクヌーセン・リッジの険しい北斜面を登り切ったNASAの火星探査車「オポチュニティ」が、自らがつけた轍を振り返って撮影した1枚。驚いたことにオポチュニティのカメラはこのとき、眼下の谷を吹き抜ける「塵旋風(じんせんぷう、dust devil)」をとらえていた。塵旋風はつむじ風とも呼ばれ、地球と同じく突発的に発生する渦巻く上昇気流で、塵やほこりが巻き上がると写真... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/04/14 09:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの鋭い分析に脱帽。
---
「補選」といえども、いや「補選」こそ重要かもしれぬ。
もひ
2016/04/13 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
生活の小沢氏が分析するように、自公に対して対立軸の公約策定をしなければ野党は勝てない。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる