かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 参議院選挙1人区、野党総崩れの予感。それが民主党岡田代表の優柔不断のためなら悲しすぎる。

<<   作成日時 : 2016/02/11 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 1

アベノミクスもメッキが剥がれてきた。安倍政権御用達、日銀の起死回生の奥の手、マイナス金利も全く効果がなかった。日銀の政策の決定権を持つ委員9人の内、4名がマイナス金利に反対したが、結果的にその人たちは正しかったということだ。10年物の国債もマイナス金利になったということは、10年後に金利ゼロの他に手数料を取られても、買った方が、株の大暴落よりはマシとの判断なのだ。株で大損するよりは、リスクを軽減するために一時、国債に替えておくということだ。

安倍政権の政策が上手くいっているおうに見えているのは、高株価である。それが崩壊したら、一気に安倍人気も落ちる。ある意味、野党が安倍政権を引きずり下ろすチャンスは今なのだが、民主党の岡田代表の指導力の無さが、野党共闘の機運も崩壊させようとしている。

その気持ちを的確に代弁しているのが、ジャーナリストの高野氏だ。このままでは、参議院選挙は1人区でゼロの総崩れということだ。このブログでも何回か書いているが、野党共闘の主導者として、その方針が見えない。維新もやるのかやらないのかわからなくてイライラしている。今回の共闘の運命の分かれ道である共産党との共闘も、党内の共産党ぎらいの議員を説得できないでいる。共闘などというのは、大意で合意することで、それぞれの小異にこだわっていては何事も決まらないことは、小沢氏に言われなくても自明の理である。

こんな状態を虎視眈々と安倍政権は見ている。アベノミクスも先行きが不透明になったのだが、こんな民主党の優柔不断を見ていれば、4月の同時選挙も行けるとみて、決行する誘惑に駆り立てられているだろう。野党の敗因が民主党の岡田代表だとしたら、あまりに国民がかわいそうである。



このままでは参院選は1人区で野党ゼロの総崩れ

高野孟 ジャーナリスト

2016年2月11日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175084


このままでは参院選は1人区で野党ゼロの総崩れ | 日刊ゲンダイDIGITAL

昨年11月の本欄で「民主党の岡田克也代表の参院選へ向けた戦略の腰が定まらない」と指摘したが、
3カ月が過ぎてもその状況は変わらない(岡田代表)/(C)日刊ゲンダイ

 昨年11月の本欄で「民主党の岡田克也代表の参院選へ向けた戦略の腰が定まらない」と指摘したが、3カ月が過ぎてもその状況は変わらない。原因は二重の優柔不断である。一方は、“東京維新”からの、解党して新党をという誘いに対し「それなら結構です」とキッパリとした態度をとれないこと、もう一方は、シールズや学者の会など昨年の反安保デモを担った「市民連合」からの「1人区で全野党の統一候補を」という求めに対して真正面から応える決断ができないこと、である。

 維新は、単独で選挙に臨めば壊滅しかねないので、ワラをも掴むつもりで民主にすり寄っているだけで、何のための、国民のどういう希望をよりよく表現するための新党なのかは何ら語っていない。こんなものは、国民とは無関係の永田町内の談合にしかならないからやめたほうがいい。「来たい方はどうぞ

それに対して、市民連合の野党統一候補の要求は至極まっとうなものだ。誰が考えても、安倍政権に改憲に必要な3分の2の議席を与えず、あわよくば自公を現有より13議席減らして過半数割れに追い込む可能性がわずかでもあるとすれば、これしか方法がない。痩せても野党第1党の民主党としては、その市民たちの切実な願いに応えて、率先して東京維新をはじめ社民、生活、共産などを糾合し、32の1人区の少なくとも半分に安保法制に反対し立憲主義を擁護する統一候補を押し立てて安倍に挑戦する姿勢を示さなければならないはずだが、党内保守派や連合の右翼幹部の「共産党嫌い」に阻まれて、大胆に踏み出せない。そこを見越して、官邸筋からはさかんに「シールズは共産党のダミーだ」といったデマゴギーが流されている。

 永田町の選挙プロに「民主党がこんなだと、参院選はどうなるのか」と聞くと「このままでは、1人区で野党ゼロでしょう」と明快なお返事。「でも、熊本や岩手では先行して統一候補の調整を進めているし、市民連合も業を煮やして自分らで候補選定を始めた。他にも、ネット上で『選挙ジョッキー』を開く放送作家の座間宮ガレイが全国行脚して各地に30もの『民主党の議席を防衛する勝手連』が生まれている」という現状を踏まえ、「そういう動きが実ったとしても、1人区で4つか5つが精いっぱい」と言っていた。

 さあ、どうする岡田。安倍改憲に手を貸した民主党という汚名を歴史に残すのかどうかの瀬戸際である。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アベノミクスで年金資金が食いつぶされ枯渇しそう、国民生活に大打撃、年金生活者は生きてゆけない事態に
 アベノミクスで年金資金運用益は33兆円のプラスと称するが実態は食いつぶされ枯渇しそう、国民生活に大打撃、年金生活者は生きてゆけない事態が近い、12日午前の東京株式市場で、日経平均株価が2014年10月21日以来1年4カ月ぶりに1万5000円を割り込んだ。世界経済の先行きを不安視した急激な円高進行や欧米株安、原油安を嫌気した売り注文が殺到し、下げ幅は一時、祝日前の10日終値に比べ700円を超えた。午前9時15分現在は、721円25銭安の1万4992円14銭、に関連する最新のWeb情報を引用... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2016/02/12 10:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「アホノミクス」に対抗すべきが、
「オカダノミス」で「自滅党」に改名?・・・
では国民とマトモな野党に申しひらきができないのでは?
(トホホ)
もひ
2016/02/12 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
参議院選挙1人区、野党総崩れの予感。それが民主党岡田代表の優柔不断のためなら悲しすぎる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる