かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧態依然の利権社会を変革するのは、SEALsを代表とする若い世代だ。

<<   作成日時 : 2015/11/01 22:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 33 / トラックバック 2 / コメント 1

安保法制の反対運動で湧き上がってきたSEALDs(シールズ)が、安保法制反対の活動だけではなく、それぞれの地元において自分で考え、何かおかしいと思ったことに対して、独自で運動を始めた。

大阪においては、今月の知事、市長のダブル選挙において、橋下氏が立ち上げた「おおさか維新」に対しての批判活動をすると報道されている。

そのSEALsの中のSEALs沖縄が、新基地反対を訴えて活動するという。60年、70年の、ゲバ棒、ヘルメット、覆面タオルの学生運動とは全く違う様式となった。選挙権も18才からになった。学生、若者が、社会の矛盾に、すれていない新しい感性で、悪いものは悪い、良いものは良い、おかしいと思うことはおかしいと、意思表示をしてもらいたい。

世の中、「長い物に巻かれろ、例え訴えたって仕方が無い、選挙に行っても体制は変わらない」とあきらめている結果が、今の利権まみれのどうしようもない国にしてしまったのだ。

全国で若者が新たな若い感性で、既存の政治体制のおかしな点を批判し、正して欲しいのだ。今や原発の再稼働も利権、安全保障における兵器売買も利権である。違憲の安保法制では、確実に日本が戦争に巻き込まれる確率が増大する。その影響を最も影響を受けるのは、SEALsの世代である。それを防ぎ、変革出来るのはSEALsに代表される若者だ。


全国で辺野古反対行動 来月中旬、シールズが計画
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-162988.html

名護市辺野古の新基地建設で本体工事に着手したことを受け、若者たちの団体SEALDs(シールズ)は、11月中旬に全国一斉行動を計画している。シールズ琉球を中心に、東京など各地のシールズが同日に集会を開き、新基地建設反対を訴える。

 シールズ琉球で活動する宜野湾市出身の元山仁士郎さん(23)=国際基督教大4年=は「工事を止めようと集まった多くの人々が排除され、着工されたことは悲しいし、悔しい。日本の自由と民主主義にとって危機的な状況だ」と沖縄だけの問題ではないことを強調した。その上で、「沖縄戦があり、米軍による土地の強制接収があり、辺野古の問題があるということを考えれば、おかしなことだらけだ。アクションを起こし、全国に訴えていきたい」と話した。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地方の人口減少が地方銀行の再編を督促
 地方の人口減少が地方銀行の再編を督促、地方銀行の再編が止まらない。昨年11月に、関東・九州地方で県内トップバンクが絡む経営統合が相次ぎ表面化。その1年後の今、関東では再び大型再編の号砲が鳴り、九州でも新たな再編の煙が立ち上り始めた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木崇久) 「常陽・足利連合が再編の新たな受け皿に名乗りを上げれば、関東地銀の争奪戦はさらに激化する」。地方銀行界に飛び込んできた、新たな再編劇。その第一報を聞いた関東地方の地銀幹部は、その先の展開を見据えて考えを巡らせていた、に... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2015/11/02 10:15
【憲法公布69周年】「自由と民主主義」「人権」「平和」を独裁者から守り抜き、憲法の理念を市民自身が示...
 旧軍部とそれと連んだ特権奸僚・罪界の暴走に国全体が巻き込まれた挙げ句、日本人だけで310万人余が命を喪い、大日本帝国そのものが滅んだ先の大戦。  その国土全体が焦土と化した中から「平和国家」として再起しようとし、その礎となるべく起草された「日本国憲法」が公布されてから丁度69年が経過した! ...続きを見る
ステイメンの雑記帖(暫定復活版)
2015/11/03 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
SEALDsがんばれ!
---
辺野古の
1)\利権・\土建
2)\天下り
3)\献金
粉砕!
---
全部でいくら\かかるのか?(トホホ)
福祉に回したらどうか?(怒)
もひ
2015/11/02 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
旧態依然の利権社会を変革するのは、SEALsを代表とする若い世代だ。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる