かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民の怒りの声が、野党6党の安保法案阻止の共闘を招き、逆襲の狼煙となる。

<<   作成日時 : 2015/09/04 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 5

野党の中でも、いつもは他の野党と混じらない共産を含めて、6野党が安保法案強行採決の阻止で一致した。これほど、野党がまとまった行動を取ることはない。それほど、この法案は、小異を捨てて大同に付かねばならないものであることを示している。

安倍首相は強行採決を決めたと噂されている。後は時間の問題で、強行採決を行うだろう。強行採決自体は、過去の国会において度々行われていたが、本法案の強行採決は、戦後70年の転換点に当たる。全国の若者や中高年が怒り出す。そのしっぺ返しを自公は受けなければならない。

全国の声を受けて、内閣不信任案を野党統一で提出することになる。数で自公によって否決されるだろうが、それが逆に、今まで以上に怒りの火を点ける。安倍首相は、戦後、70年守り続けてきた憲法を踏みにじり、違憲法案をごり押しした悪徳総理として、歴史に刻みこまれるだろう。


安保法案強行採決 6野党、阻止で一致
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015090402000259.html

 民主、維新、共産、社民、生活、日本を元気にする会の六野党党首は四日午前、国会内で会談し、参院特別委員会で審議中の安全保障関連法案に関し、与党による政府案の「強引な採決を阻止する」との方針で一致した。来週にも再び会談し、内閣不信任決議案の提出を含めて、具体的な対応を協議する。

 会談で、民主党の岡田克也代表は「非常に重大な局面。あらゆる手段を使って、成立を阻止する必要がある」と指摘。維新の松野頼久代表は「強行採決をしたら、内閣不信任に値する案件だ」と述べ、共産党の志位和夫委員長は「(政府側は)整合性のある答弁ができなくなっている。国民の反対の声に応えて廃案にすべきだ」と主張した。会談は岡田氏が各党に呼び掛けた。

 三氏のほか社民党の吉田忠智党首、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎共同代表、日本を元気にする会の松田公太代表らが出席。参院会派の無所属クラブも同席し「強行採決阻止」に賛同した。

 一方、自民党は四日午前の役員連絡会で、安保関連法案について、衆院で再可決・成立させる「六十日ルール」を使わずに参院で採決する方針を確認した。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は、安倍首相が「国会軽視」とか?
---
審議そっちのけで大阪のTVに出演していたとか?
そのあとは「自己弁護士」のセンセイと秘密の
約束をしているのでは、と疑いたくもなる。(トホホ:要確認?)
---
今晩も繰り広げられていた、国会議事堂正門前や官邸前の抗議行動に傾ける「耳」はないのだろうか?(怒)
もひ
2015/09/04 22:22
あああ、あ〜、参議院わぁ〜♪、今日も「答弁不能」で、あぁった〜。(ワワワ、ワ〜♬)
--
今日も、白のパンツスーツで颯爽と登場した蓮舫議員(民主党・新緑風会)の質問に、防衛大臣は「答弁不能」だった。(トホホ)
---
先般仁比 聡平議員(日本共産党)が暴露した資料の内容について、防衛大臣がまだ「確認中」と答弁したことも問題化!
---
統合幕僚長が勝手に米国と約束したことで、予算も承認されていないことから「予算民主主義の軽視」「国会軽視」と蓮舫議員が激怒!
---
その後も防衛大臣の答弁の「不整合」について突っ込まれて・・・万事休すか?(怒)
もひ
2015/09/04 23:37
【続呆】
荒井広幸議員(新党改革)もお怒りだ!
---
国民も自衛官も命がかかっているのに・・・NSCなどを含め省庁のトップである事務次官の「肉声」を聞きたいとの要求だ!
---
(余党が抵抗したため)当人が出てこないのでその後の質問ができないとのことであったが、官僚にコントロールされている政治の実態を突いた主張であった。(一部誤変換:トホホ)
もひ
2015/09/05 14:33
【首相語録】> 【国民感情】※(怒)
・安全保障法制の審議をお願いする > 安全保障法制の廃案をお願いする
・丁寧に説明する > 同じことを何度も言う
・国民の理解が進んでいない > 国民は違憲だと理解している
・国民の生活を守る > 軍事利権を守る
・国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される事態 > 正にこの呆案で 国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される
・切れ目のない安全保障法制 > 歯止めのない法制
・早く質問しろよ > 早く退陣しろよ
・そんなことどうでもいいじゃん > そんな呆案は廃案でいいじゃん
---
※一部国会質疑、ネット言論より引用
もひ
2015/09/05 16:07
かっちさん、ジャイロさん、読者の皆さん。
---
自分党(やや誤変換)では、イケイケどんどんの偽員の「暴言」はすぐにニュースになる。
しかし、「正論」を吐いている議員として念のため
村上誠一郎議員のサイトを紹介しておく。
---
http://sei-murakami.jp
---
すでに昨年の「解釈改憲」から危機感を唱えていた方である。(す・すご!)
---
最近の声が載っていないのがチト残念であるが、メディアももっと当人に取材してもらいたいもの。
---
「暴言の自由」はあるが「正論の自由」が極端に狭められている例か?(トホホ)
もひ
2015/09/05 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
国民の怒りの声が、野党6党の安保法案阻止の共闘を招き、逆襲の狼煙となる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる